無料ブログはココログ

実車イベント

2017年6月11日 (日)

Morning Cruise ①

WRCイタリアは、フォードのオット・タナックが初優勝を飾りました!リードしていたヒュンダイのヘイデン・パットンは、土曜日午後の最初のステージでクラッシュ、リタイアという展開で、順位が1つづつ繰り上がってトヨタのラトバラも2位獲得という、素晴らしい結果となりました。トヨタ勢は、エサペッカ・ラッピがパワー・ステージを制すると共に総合4位、ユホ・ハンニネンが総合6位と着実に結果を出しています。特にラッピの活躍は想定外で、今後の活躍が楽しみですね。

ところで、今朝は代官山T-Siteで開催された「モーニング・クルーズ」に行ってきました。このイベントは、毎月第2日曜日の早朝にテーマを決めて開催されているもので、今回のテーマは「フランス車」でしたので、早起きして参加しました。
Imgp5700
イベントの内容は、午前7時から9時まで駐車場に車を並べるだけですが、都心の早朝ドライブが楽しめるのとテーマによってはかなり珍しい車を見ることが出来るので、以前から年数回参加しています。今回は「フランス車」ということで、テーマ車両の指定場所に憧れのアルピーヌA110と並んで駐車しました。
Imgp5690
会場には様々な時代やメーカーのフランス車が並んでいました。右側のシトロエンXMは、フロントにユーリエのボディ・キットが組み込まれているレアな仕様です。
Imgp5708
車仲間のシトロエンDS3の横には、ルノー8 ゴルディーニ様が鎮座していました。
Imgp5712
良い感じにやれたシトロエンGSとプジョー504ベルりーナです。こういったイベントでは、どうしてもヒストリック系に眼が行ってしまいますね。会場にはアルピーヌA110やルノー5ターボなど、ラリー系の定番車も並んでいました。
Imgp5694
Imgp5716
Imgp5705
テーマであるフランス車以外でもエンスー車が多数参加していました。モーガンとBMW Z1を同時に見れる機会などなかなか無いですね。
Imgp5714
国産勢もトヨタ2000GTやLFA、ホンダS800などが複数台参加しており、国内外の名車が一堂に集まった楽しいイベントでした。

ところで、代官山T-Site蔦屋書店の自動車本コーナーはとても充実しているので、モーニング・クルーズに参加する楽しみの1つになっています。このコーナーは、以前用賀にあったリンドバーグという自動車本の専門書店が吸収されたものなので、ここでしか現物が見れない洋書も多く、来る度に思わず買ってしまいます。
Imgp5719
今日も大好きなフィアット131アバルトの写真集を見つけてしまい、迷わず購入しました。こういった画像は今時ネット上に沢山出ており、資料としてわざわざ本を買う必要はあまり無い気がするのですが、現物を手に取ると欲しくなってしまいますね。
Imgp5726
Imgp5728
本の内容は、ワークス・チームよりもイタリアのローカル・チームの131アバルトがメインで、魅力的なカラーリングのマシーンが多数掲載されており、こういったレア物に興味のある方には是非お勧めの1冊です。

実車と物欲が楽しみなモーニング・クルーズ、また参加したいと思います。


2017年5月 7日 (日)

オートモービルフェスティバル2017

GW後半は飲み会や家の片付けに追われて、ほとんど模型を触れませんでした。最終日の今日は、袖ヶ浦フォレストレースウェイで行なわれたネコパブリッシング主催のオートモービルフェスティバル2017に行きました。
Imgp5408_2
例年GWは5/5に筑波サーキットで開催されているオールド・ナウ
カーフェスティバルを見に行っているのですが、今年は5日に飲み会が入ったのと袖ヶ浦フォレストレースウェイには行ったことがなかったので、ランチア時代の友人を誘って行ってみました。
Imgp5404_2
イベントの内容は、レース形式ではなく走行会が中心で、参加マシーンもヒストリック系から最新型までの国産車、輸入車問わず様々な車種が混走する正に参加してみたくなるイベントでした。
Imgp5390
Imgp5400
Imgp5393
パドックでは新旧ロータス軍団や憧れの名車同士の共演があちこちで見られ、その走る姿やサウンドを堪能することが出来ました。
Imgp5381_2
Imgp5352_2
会場にはモディファイされた124アバルトや全日本ラリーJN5クラスのフィアット・アバルトなどもあり、じっくりと観察することが出来ました。
走行会のほか、抽選によるメーカーが持ち込んだ車のサーキット試乗会やジャガーやカウンタックなどの同乗会も企画されており、私も運良く抽選に当たって、こんな車の試乗を体験しました。
Imgp5405_2
この車はオフ・ロード・バイクで有名なオーストリアのKTMが作ったX-bowというモデルで、正に公道走行が可能なレーシングカーです。全く予備知識のないままいきなりコクピットに座って、エンジンの掛け方を教わったのみでサーキット走行を体験したのですが、その剛性の高さと運転のし易さに驚きました。エンジンはVW製の2リッターターボでトルクが厚いためかクラッチのミートはスムーズで、いきなり乗っても難なく発進することが出来ました。
走り始めるとダイレクト感が素晴らしく、ほんの数週でしたが今までにない貴重な体験が出来て、本当に良かったです。
ネコパブリッシングのイベントは以前、茂木に何度か行ったことがありましたが、袖ヶ浦も機会があればまた行きたいですね。