無料ブログはココログ

« Ford Escort MKⅡ 1981 Sanremo ① | トップページ | お台場メガウェブ ヒストリーガレージの展示 »

2017年4月 9日 (日)

Ford Escort MKⅠ 1974 1000 Lakes ②

この週末の作業の進捗報告です。Belkitsのエスコート MKⅠの内装を仕上げ、ボディと一体化しました。
Imgp5272
内装で残っていた作業はシート・ベルトです。このキットにはベルトの金具等のエッチング・パーツとベルトに使用するリボンが同封されていますが、ベルトについては私なりに使用している材料や作り方を紹介します。まず、シート・ベルトには包装用のナイロン製リボンを使用しています。
Imgp5260
だらしない画像ですいません。画像の上は赤に柄の入ったリボン、下は青いリボンで東急ハンズやユザワヤなどでメーター単位で売っている普通のリボンです。なお、赤いリボンについては単色のものが無かったので柄入りですが、使用するのは無地の部分のみです。これをまず、適当な長さと幅に切り、短冊状にします。
Imgp5262
画像は青いリボンを短冊状に切ったもので、上は1/24用で幅2.5mm程度、下は1/43用で幅1.5mm程度です。なお、リボンは表裏で折柄が異なるので、1/24では目の粗い側を表に、1/43では目の細かい側を表にして使用します。
Imgp5263
このままでは切断すると解れてしまうので、表にする面の裏側にデカール軟着材を塗布します。なお、これは乾いた後に透明になれば良いので、木工用ボンドでも問題ないと思います。軟着材を塗布することで解れ難くなると共にシートの形状に合わせたクセも付け易くなります。
Imgp5266
Imgp5267
ベルトの金具やシートへの接着には、ゼリー状の瞬間接着剤を使用します。以上が私なりの1/24、1/43共通のシート・ベルト製作方法です。
シート・ベルトはラリー車において必須のパーツであり、ディテール・アップ効果も大きいので、様々な別売パーツを試してみましたが、粘着シートやエッチング等のベルトは作り難いので、何か良い材料は無いものかと探していました。別売パーツの中では、Zモデル製のシート・ベルトが質感も作業性も良くて重宝していたのですが、同製品が一時期絶版になってしまったのと1/24では適当なものが無かったので、Zモデルのベルトを参考に色々試したところ、この材料に辿り着きました。材料そのものは安価で手に入り易いので、面倒で億劫だったシート・ベルトの取付け作業も少しは楽になりました。それでもシート1脚当たりの作業時間は1時間程度かかりますが・・・
Imgp5268
フォード エスコート MKⅠの内装はシートやダッシュ・ボード、ロール・ケージ等を取り付けて、こんな感じに仕上がりました。パーツは全てキットのままですが、結構良い雰囲気になりました。Belkits、本当に今後の商品展開が楽しみなメーカーです。

因みに今、WRCツール・ド・コルスの最終パワーステージがスカパーの生放送で放映され、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが優勝しました。今年のWRCは4戦を終えて優勝チーム&ドライバーが全て違うという楽しい展開です。
トヨタのラトバラも最終パワーステージでトップ・タイムをマークして4位に入賞するという、ヤリスWRCのターマック初挑戦としては非常に良い成績でフィニッシュしました。今後の活躍が本当に楽しみです。

« Ford Escort MKⅡ 1981 Sanremo ① | トップページ | お台場メガウェブ ヒストリーガレージの展示 »

1/24モデルカー製作記」カテゴリの記事

コメント

Belkits良いですねー207S2000を買って積んだままです。
24も作りたいのですが、なかなか時間が取れません。
WRC盛り上がってますねー
シトロエンが車ドライバー共々安定度がイマイチなのが気になりますが、オジェ+Fordの安定度が抜きん出てますね。

デモさん、コメントありがとうございます。
今年のWRCは面白いですね!シトロエン、前評判は一番だったのに安定感に欠けてます。クリス・ミークは好きなドライバーなのですが…
それに対してオジェはさすがですね。元々微妙だったMスポーツにいきなり乗ってこの結果ですから。本当に凄いドライバーです。
トヨタも結構パワーは出ているようなので、期待してます。ヒュンダイはメーカーとしては?ですが、ミッシェル・ナンダンの力は凄いですね。
いずれにしても、今年は毎戦楽しみです。

遅ればせながら、ブログ開設おめでとうございます。
私はニーヨンが主体ではありますがヨンサンも作りますので、色々と勉強させていただこうと思っております。これからの更新を楽しみにしてますね。


このエスコートは、もうシャシとボディを合体したんですね。シャシはどのように嵌め合わせたのでしょうか?
自分もこの嵌め合わせを最近やりましたが、ボディを壊してしまうのではないかと思うくらい苦労しました。どうやらシャシの一部をカットするのがいいようなので、次に作る機会があればそうしようかと思ってますが。。。

増田さん、こんばんは!
そんな訳でこちらでもよろしくお願いします。リンク、設定しました。
ところでエスコートのシャーシの件ですが、横田さんに相談したところ、フェンダー廻りをかなりカットすればボディに入れやすくなると教えていただいたので、そうしてあります。カットした範囲については後ほどアップしておきますね。
あと、ホイールについても私は爪を全て削ってしまいました。それでもタイヤとホイールがずれることはありませんので。
BPカラーのエスコート、完成を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600174/65129260

この記事へのトラックバック一覧です: Ford Escort MKⅠ 1974 1000 Lakes ②:

« Ford Escort MKⅡ 1981 Sanremo ① | トップページ | お台場メガウェブ ヒストリーガレージの展示 »