無料ブログはココログ

1/43モデルカー製作記

2017年8月20日 (日)

Ford Escort MKⅠ Gr.5 1979 Giro D'Italia ⑤

WRCドイツは、フォードのオット・タナックがターマック初勝利を飾りました。オジェも3位に入賞し、フォードの安定感があらためて証明されて、メイクス・タイトル獲得の可能性が見えてきましたね。
シトロエンはミークがまたもや残念な結果に終わったものの、スポット参戦のミケルセンが2位になるとは驚きですね。シトロエンはドイツ開催前にセバスチャン・ローブを招致してテストとセッティングの見直しを行ったそうで、その結果だとするとローブはやはり只者ではありません。
一方で優勝候補筆頭のヌービルは謎のトラブルでリタイアしてしまいましたが、これもラリーかと・・・業績が低迷しているヒュンダイのラリー活動そのものを危ぶむ声も聞こえているようですが、今年チャンピオンを獲れなければ本当に厳しそうですね。
期待のトヨタは、ラトバラにまたしてもメカニカル・トラブルが発生してしまいましたが、今回はユホ・ハンニネンの活躍が目立ちましたね。特にあのパンツァープラッテのSSで、トップ・タイムを獲得するとはハンニネンも本物です。エサペッカ・ラッピも相変わらずパワー・ステージが速くて、そのタイムに負けたラトバラの落胆ぶりが印象的でしたが、トヨタはフィンランド人ドライバー3人のバランスがとても面白いですね。
今年のWRCは、残すところあと3戦となりましたが、毎戦目が離せません。

ところで、今週末も休日出勤でしたが、1/43のGr.5エスコートの製作がかなり進捗しました。
Imgp6163
Imgp6162
ボディはウインドウの取付けが終わったので、タイヤを付けてシャーシと合体させました。画像はタイヤの位置や車高を調整した後のものですが、シャーシの溝にタイヤのシャフトをそのまま通したところ、かなりのシャコタンになってしまい、タイヤのセンターも出ていない状態でした。その画像を撮っておけばよかったのですが、シャフトの溝にプラバンを挟んで車高を調整したり、溝の前後方向を削ってタイヤの位置を動させたりと、かなり手間が掛かりました。本来なら仮組みの段階で調整すべき箇所ですが、このキットはScala43がベースであることから油断していました。やはりアレナ・クオリティでしたね。
アルミの挽き物ホイールには、エッチングのブレーキ・ローターとメッシュが用意されています。
Imgp6166
Imgp6167
Imgp6168_2
タイヤが超扁平で迫力あり過ぎですが、タイヤの位置や車高は妥協出来る状態になりました。後は細かい外装パーツの取付けを残すのみですので、来月3日の43モデラー仲間の総会には間に合いそうです。

2017年8月15日 (火)

De Tomaso Pantera Silouette 1979 Giro D'Italia ②

今回は久しぶりにデ・トマゾ・パンテーラの進捗状況を報告します。前回のアップ以降、2ヶ月以上経過してしまいましたが、その間にシャーシを完成させています。
Imgp5567
Imgp5774
内装は、センターコンソールやドア下部の補強材(?)がエッチング・パーツで用意されています。コンソールのエッチングは、合いが悪くて苦労しましたが、どうにか納めてシートやロール・ケージを取付けました。
Imgp6136
Imgp6137
ボディについては、黄色と焦げ茶色を吹いてありましたが、ベージュの部分はデカールを切り出して貼りました。なお、長さが足りなかった箇所やルーバー廻り等については、クレオスの44番タンでタッチ・アップしておきました。
Imgp6139
ルーバーや筋彫り部分は、こんな感じでデカールを馴染ませました。なお、このデカールは曲面への追従が良くて貼り易いものでしたが、マーク・ソフターやデカール・フィットを塗って放置すると皴になってしまうので、定着させるのにコツが要りました。
Imgp6151
Imgp6154
デカールを乾燥させた後、1973RACラリーのエスコートと一緒にクリアを吹きました。クリアはガイヤノーツのEXクリアを使用し、まずは1時間おきに2回吹いて1日自然乾燥させた後、3Mのスポンジ・ヤスリで中研ぎをしています。
この段階でデカールの段差を消して、仕上げのクリアを吹付けました。因みにクリア対シンナーの比率は、最初の2回が1対2程度、仕上げのクリアは1対3程度の稀釈で吹いています。

来月の3日には、43モデラー仲間の総会がありますので、それまでに仕上げたいと思います。

2017年8月14日 (月)

Ford Escort MKⅠ Gr.5 1979 Giro D'Italia ④

先日クリアを掛けたグループ5仕様のエスコートは、クリア乾燥後にコンパウンドで磨いた後、ウインドウの取付けなどを行っています。
Imgp5955
Imgp5956
コンパウンドは手元にあったフィニッシャーズのファイン・コンパウンド、今は無きモデラーズのチューブの超極細コンパウンド2000、そしてクレオスのMr.コンパウンド極細8000で段階的に磨きましたが、クリアを中研ぎ&仕上げ吹きしているので、それなりに艶が出ました。
Imgp6140

Imgp6142
このキットのウインドウは、前後および前席両サイドが内貼り式のバキュームで、後席両サイドのみエッチング窓枠の外貼り式という、ちょっと変わった構成です。
窓枠の塗装ですが、1/43モデルの場合、私は’息を止めて面相筆’で塗っています。モデラー仲間の常識は、’マスキングしてエア・ブラシ塗装’ですが、マスキングは面倒でリスキーでもあることから、筋彫りの段階で窓枠廻りをしっかり彫り込んでおき、そこからはみ出さないように筆塗りしています。なお、使用する塗料ですが、窓枠にはクリア層との食い付きの良いアクリル系で色を入れ、その後筋彫りに沿ってエナメル系の塗料を流し込み、はみ出した塗料はコンパウンドで落としています。
この方法の利点は、いつでも作業が出来ること(私の場合、吹付け塗装は屋外で行っているので)と何より失敗が少ないことです。仕上がりも艶消し黒であれば色ムラはほとんど気になりません。
そんな訳で、このモデルも窓枠は筆塗りで仕上げました。
Imgp6146
リア・ウインドウを取付けた様子です。バキュームは上下の寸法が怪しかったのですが、調整して誤魔化しました。
Imgp6145
このキットの特徴として、ドアの内装がエッチング・パーツで表現されています。これは、Scala43のキットがベースだからなのですが、果たしてグループ5仕様のマシーンにドアの内装が付いていたのでしょうか?

お手付きキットだらけの中で、ようやく完成が見えてきました。

2017年7月27日 (木)

Ford Escort MKⅠ Gr.5 1979 Giro D'Italia ③

今週は飲み会が少なかったので、平日もぼちぼち模型を弄っています。グループ5仕様のエスコートはデカールを貼り終えました。
Imgp5925
Imgp5927
グリーンとホワイトの塗り分け段差を消したり、ホワイト・デカールのラインの調整に苦労していましたが、クリアを2回ほど吹いて塗り分け段差を消そうとしたものの、結局一部に段差が残ってしまいました。
Imgp5929
そして、ゼッケンを貼ったところ、ホワイト・デカールの隠蔽力が弱く、グリーンが透けてしまいました。もうどうにもならないので、このまま進めます・・・
Imgp5930
リア・ウイングは組み立てた後にデカールを貼りました。こちらもデカールの表面が荒れていて怪しい感じですが、クリアで定着することを期待しています・・・
何れにせよ、悩んでいても仕方がないので、他のエスコートと一緒にクリア掛けに臨みます。










2017年7月 2日 (日)

Ford Escort MKⅠ Gr.5 1979 Giro D'Italia ②

今週末はWRCポーランドでした。フィンランドと並ぶ高速グラベル・ラリーですが、今年は天候が悪くて難しいコース・コンディションの中で行われました。
期待のトヨタのラトバラは、トップ争いに加わっていたもののメカニカル・トラブルでリタイアしてしまいましたが、パンクやトラブルが相次いだヒュンダイのヌービルやフォードのタナックに比べて安定しており、メカニカル・トラブルさえ無ければ2勝目を挙げていたかもしれません。
今回のポーランドでもパワー・ステージをラトバラが制しており、ヤリスWRCのポテンシャルは間違いなくトップ・レベルですね。特にリア・ウイングの効果によるダウン・フォースが高く、ジャンプ後の姿勢がとても安定しているので、次戦フィンランドは本当に楽しみです。
選手権はフォードのオジェがリードしていますが、手堅いのはヒュンダイのヌービルでしょうね。メイクス・タイトルも、フォードはタナックが抑えて走らなければ厳しそうなので、ヒュンダイが初のタイトル獲得となりそうです。さすがはミッシェル・ナンダンですね。個人的にはヒュンダイって、アクセントWRCの撤退騒ぎの印象がとても悪くて好きになれないのですが・・・

模型についてですが、お手付き各車の内装をチマチマ進めています。
Imgp5676
Imgp5741
エスコートのグループ5仕様も内装が完成したので、ボディの塗装を行いました。
Imgp5850
ホワイトとグリーンに塗り分けるためにマスキングをします。まずはタミヤのマスキング・テープを細切りにしたものを塗り分けラインに貼り、そして筋彫りを跨ぐ所を中心にテープに沿ってマスキング・ゾルを塗り、乾燥させます。
Imgp5851
マスキング・ゾルが乾燥後、ホワイトを残す部分をテープでマスキングして塗装に進みます。こうすることで、筋彫りからの塗装の滲み出しがかなり防げます。
Imgp5852
グリーンを塗装後、マスキングを剥がした状態です。大きな滲み出しも無く塗り分けることが出来ました。なお、グリーンはフィニッシャーズのピュア・グリーンを使用しており、ボディと合わせて同色のリア・ウイングやフロント・グリルも忘れずに塗装しました。

この後は、他のお手付き各車と一緒にデカール貼りを進めます。

2017年6月 4日 (日)

Ford Escort MKⅠ Gr.5 1979 Giro D'Italia ①

先日完成させたベルナール・ベギンのエスコートは、ベギンのドライブしたポルシェ911SCやフィアット131アバルトと共に展示ケースに固定しました。
Imgp5570
お手付きキットの内、今日はフォード・エスコートMKⅠのグループ5仕様についてアップします。これもアレナのキットで、ジーロ・デ・イタリアに出場したかなり珍しい仕様のマシーンです。
Imgp5544
Imgp5543
1979年当時のフォードは、エスコートMKⅡでWRCにワークス参戦し、年間タイトルを獲得していますが、市販車を含めて主力はMKⅡに移行しており、この時期になぜMKⅠベースでこのような仕様のマシーンが作られたのか、理由はさっぱりわかりません。しかもグループ5仕様となると出場可能なイベントは限られており、実戦での戦績も無いマシーンがキット化されたことには本当に驚かされます。アレナの本国、イタリアでは人気があったのでしょうか?

そんな不思議なマシーンですが、大型化されたオーバー・フェンダーやリア・ウイングに魅せられてしまい、このキットも発売前に予約して購入しました。
Imgp5545
キットの内容は、レジン製のボディ&シャーシに多数のエッチング・パーツというアレナ定番の構成ですが、これもパンテーラと同様にScala43のキットがベースのようです。
購入直後にボディの下地処理とベース・ホワイト吹付まで行った後、なぜか放置していましたが、今年のクラブのテーマが「イギリス車」でもあるので、完成に向けて製作を再開した次第です。
Imgp5556
Imgp5554
この週末にはシャーシの組立てを進め、ロール・ケージを組んでボディと合わせてみました。ロール・ケージはキットに同封されたバリだらけのレジン・パーツを整形して使用しましたが、ダッシュ・ボード廻りを少し調整した程度でうまく納まりました。
Imgp5566
シャーシの塗装については、ソフト99の缶スプレーのプラサフを下地に吹き付け、GSIクレオスのフィニッシング・ブラック(1500#)を缶スプレーから吹いて仕上げました。このフィニッシング・ブラックは、肌理が細かくて食い付きが良く、簡単に綺麗に仕上がることから、最近はシャーシなどのブラック塗装の定番となっています。
シートは仮に置いてありますが、今後はシート・ベルト取付け等の細かい作業をぼちぼち進めて行きます。
なお、ボディについては、この週末にグリーンの部分をマスキングして塗装しようと思ったのですが、リア・ウイングも同色なのでウイングを組み立ててから一体で塗装することにしました。

2017年6月 3日 (土)

De Tomaso Pantera Silouette 1979 Giro D'Italia ①

先週も連日の出張や飲み会で、ほとんど模型に触れませんでしたが、ようやく今日は作業が出来ました。
お手付きキットの内、まずはデ・トマゾ・パンテーラの進捗状況です。このキットはアレナから2014年の秋に突如10数種類のバリエーションが同時に発売されたものです。
パンテーラのコンペティション・モデルは、ル・マンなどに出場したグループ4仕様がスターターやScala43からキット化されていましたが、スポーツカー選手権に出場したグループ5/シルエット仕様については、レースでの実績もほとんど無かったことから、1/43ではキット化されていませんでした。
そんなマシーンのキットが、ジーロ・デ・イタリア出場車を中心に大量に発売されたので、私も思わず6台ほど買ってしまいました。
その内、グループ4仕様とグループ5仕様の2台は完成させて親サイトにアップしてあります。
http://group4rally.car.coocan.jp/page439.html
http://group4rally.car.coocan.jp/page443.html
Imgp5536
製作中のモデルは、1979年のジーロ・デ・イタリアに出場したマシーンで、レギュレーションの限界まで改造を施した仕様です。市販車のパンテーラの面影は、キャビン部分に僅かに残すのみで、異様に広く、長く伸ばされたオーバーハングによりベース車が何かわからない程の過激なボディがとても魅力的で、発売予告を見た途端に予約して買ってしまいました。こんな仕様のマシーンが公道を走ったジーロ・デ・イタリアには改めて驚かされますね。
Imgp5540
キット自体はScala43のものをベースにしているようで、シャーシにはScala43の刻印があります。ただ、ボディは市販車やグループ4仕様とはまったく異なるので、原型から作ったものと思われます。キットの構成は、レジン製のボディ&シャーシにエッチング・パーツてんこ盛りのアレナ定番仕様で、パーツの精度はかなり高く、ディテールも私にとっては十分なものなので、箱の中のパーツだけで作ろうと思います。
Imgp5539
進捗状況ですが、ボディについては塗装まで終わっています。なお、エッチング製のリア・ウイングやリア・パネルについては、ボディに貼り付けて隙間をパテ埋めし、一体に成形してから塗装しています。
Imgp5537_2
Imgp5551
リアの裏側はこんなに複雑な形状です。とても磨き出しなど出来ないですね・・・
Imgp5558
シャーシについては、ホワイト・メタル製のロール・ケージを仮組みしてみました。ボディを被せてみると・・・
Imgp5555
結構、良い感じに納まりました。ロール・ケージは調整が簡単なホワイト・メタル製が一番作り易いですね。

シャーシや室内を仕上げたら、大好きなデカール貼りに進みたいと思います。









2017年5月23日 (火)

Ford Escort MKⅡ RS2000 1979 Montecarlo ④完成

WRCラリー・ポルトガルはオジエが手堅く優勝しました。最後はフォード対ヒュンダイの戦いとなりましたが、ドライバーの安定度を含めて、今年のWRCはこの2チームの争いとなりそうですね。これでオジエはマルク・アレンの記録と並ぶポルトガル通算5勝となりました。
それにしてもポルトガルのスペクテイターは熱いですね。過去には不幸な事故もあり、安全上の理由から一時はWRCのカレンダーから外された時期もありましたが、観客で埋め尽くされた丘をジャンプする様など、是非現地で見てみたい一戦です。

ところで、製作中であったベルナール・ベギンのエスコートが完成しました。
フロント廻りはこんな感じです。フォグ・ランプは少し大きめのものをジャンク・パーツから見つけて取付けました。
Imgp5500_2
リア・ライトは透明レジンに置き換え、トランクのフックをタメオの別売りパーツで再現しました。マフラーもキットのシャーシには付いていなかったので、メッキ・パイプで自作しています。
Imgp5511
Imgp5515
リア・ライトはかなり実感的になったと思います。その他の作業は、お約束のサイド・ミラーへの鏡面板貼りやマッド・フラップの取付けなどです。
Imgp5513
サイド・ミラーは、相変わらず綺麗に仕上がりませんが、ここは実力ということで妥協します。
Imgp5516
全体のバランスはこんな感じです。このキットは実車のプロポーションを良く捉えており、バキュームの納まりなどの精度も悪くなく、とても作り易いキットでした。このように一線級のドライバーが乗った地味なマシーンは、私にとって大好物なので、コレクションに加えられてとても満足しています。








2017年5月19日 (金)

Alfa Romeo 1750GTV 1973 Safari ②完成

フロントのアニマル・ガードが欠品で悩んでいたアルファロメオ1750GTVですが、意を決して自作してみました。
Imgp5412
材料は0.8㎜の洋白線で、現物合わせで曲げてハンダで組立てました。その後、ヤスリで断面を平らに仕上げています。
Imgp5430
ボディ側については、1.2㎜の真鍮パイプを曲げて瞬着で接着し、ボディ取付け部はパイプを潰して0.5㎜の穴を開けてあります。
Imgp5440
その後、よく洗浄してから下地にプラサフを吹き、艶消し黒で仕上げました。
フロント廻りについては、アニマル・ガードのほかウインカーも洋白板に透明レジンを盛って自作しました。なお、ライトはZモデルのパーツを奢っています。
Imgp5472
Imgp5473
全体のバランスはこんな感じで、自分的には上手く仕上がったと思います。残りの作業はアンダー・ガードとマッド・フラップの取付けのみとなりましたので、製作日誌はこれで完成とします。
こんな変なモデルもブログに公開したことをきっかけに何とか完成させることが出来ました。万が一、同じモデルを作る奇特な方がいらっしゃれば、参考にしてみて下さい。

2017年5月16日 (火)

1/43モデルカー保管方法

今日は完成したモデルカーの保管方法を紹介します。質はともかくとして、台数だけは作っているので、完成品を1台毎にケースに固定して保管すると数が莫大になり、その保管場所にも困るため、3台づつまとめて1個のケースに固定しています。
使っているケースはWAVEのTケース(Mサイズ)です。
Imgp5449
このケースの大きさは縦118㎜、横227㎜、高さ83㎜で、1/24のモデルカー1台がちょうど収まるサイズです。これに厚さ2㎜の半透明アクリル板を敷きます。
Imgp5450
通常、ケースの底板に情景シートなどを貼って、モデルカーを直接ケースに固定しますが、私はこのアクリル板にモデルカーを固定し、アクリル板をケースの底板にネジ止めしています。この方がケースのグレード感が少し上がる(気がする)のとモデルカーを入れ替えた際、固定する穴の位置の追加・変更が容易に出来るからです。
Imgp5463
モデルカーを固定したアクリル板をケースにネジ止めするとこんな感じです。ケースの大きさ自体は1/43のモデルカーが5台並べられますが、銘板やプレートのスペースを考慮して3台としています。
なお、3台のモデルカーの選別方法は、同ドライバーや同車種、そして同イベントなど具体的な繋がりを意識して並べています。因みに画像の3台は、先日完成したアルファロメオGTV6を含め、イブ・ルーベがドライブしたアルファロメオGTV6/75 V6です。
Imgp5466
銘板は、ステンレスのヘアライン仕上げ風に見えるアクリル板の上に、透明シールにインクジェット・プリンターで印刷したものを貼っています。
本当は金属板を切り出して作りたいところですが、数が多くて面倒なのと完成品のレベルを勘案して、この程度で仕上げています。なお、3台の繋がりのタイトルについては、手前のようなプレートを厚さ2㎜のアクリル板の端材で作っています。
Imgp5467
Imgp5468
銘板とタイトル・プレートを貼って完成です。このように展示ケースに固定しておくと展示会への搬送が容易で、このままで展示も出来るため、大半の完成品はこうして保管しています。
Imgp5470
ただ、自宅では展示ケースのままで陳列する場所など無いので、箱に入れて部屋の隅に積み上げて保管しております・・・