無料ブログはココログ

2019年5月 6日 (月)

Talbot Samba Gr.B 1984 Tour de Corse ①

皆様、ご無沙汰しておりました。最大10連休にも及ぶGWも今日で最終日となりましたが、観光関連に携わる故に連休中も出勤日があり、家族サービスや43仲間とのゴルフ、そして普段出来ない庭掃除などしている内にGWも終わってしまいました。
模型製作については、お手付きキットを1つでも完成させようと思っていたのですが、製作中のトラブル発生により儘ならず、そのストレスも影響してお手付きキットを増やす結果となってしまいました。
まずは、製作中のモデルの状況です。
Imgp8618
Imgp8620 
フィアット・ウーノ・ターボはクリア掛け後、各種コンパウンドで磨き、マスキングを施して窓枠やサイド・ステップに艶消しブラックを吹き付けたのですが・・・
  Imgp8625 Imgp8626
マスキングを剥がす時に嫌な感触があり、前輪フェンダー後部のデカールを持って逝かれてしまいました。古いデカールのため、マーク・セッターやデカール軟化剤を多目に使用したのですがダメでした。
このキットのデカールには手を焼いており、もう捨ててしまいたい気分になりましたが、ebayを検索したところ、同仕様のデカールを見つけてしまったので注文しました。順調に行けばGW中には完成したのですが、本当に残念です。
Imgp8582
Imgp8583
プロターのデルタは、半乾きで擦って痛めたデカール部分を補修し、再度クリアを掛けましたが、同じ目には遭いたくないのでしばらく放置して乾燥させています。このキットも内容があまりにもショボくて、手が止まっていますが何とか完成させないといけませんね。
Imgp8622_1 
カルフール仕様のルノー5ターボは、ライト類やクリア・パーツを付ければ完成ですが、他のトラブルの影響でやる気が出ません・・・
手前のポルシェ911SC RSは1984年ツール・ド・コルス出場車で、レーシング43のキットにebayで手に入れたデカールを貼ったモデルです。グループB仕様なので昨年のテーマ用として製作していたところ、デカールの貼る位置を大きく間違えてお蔵入りとなり、その後デカールを再購入してリカバリーした代物なのですが、今度は塗装済みのリア・ウイングに誤ってツール・ウォッシャーを掛けてしまい滞っております・・・
ここのところ、生活環境の変化により作業を慌てる傾向にあり、そのせいで凡ミスを連発している気がしてなりません。

そして、製作中のもう1台は、タルボ・サンバのグループB仕様です。
Imgp8402
ベース・キットはプロバンス・ムラージュ製で、デカール無しのキットを20年位前に格安で買ったものです。その後、昨年のテーマに合わせてebayで別売りデカールを購入し準備していたのですが、結局手が回らずようやく製作を始めたものです。
Imgp8580 
Imgp8585
デカールを貼り終え、フィアット・ウーノ・ターボと同時にクリアを掛けて各種コンパウンドで磨きました。因みにこのデカールは、「RALLYE-MINIATURE」というフランスのショップのもので、恐らくレーザー・プリンターで印刷した代物と思われますが、デカールの厚みが適度にあって糊も強く、曲面にも馴染みやい質感の良いデカールでした。
Imgp8627
こちらはマスキングの影響も無く、順調に進んでいます。ただ、ラリー仕様のホイールをどうするかが懸案事項だったのですが、昨年のテーマにあわせてクラブのメンバーが作った同車用のホイールを譲ってもらうことで解決しました。
Imgp8635 
Imgp8636
これで完成に向けて目途がつきました。本当にありがとうございます!

GW中には、上記以外にも色々手を付け始めてしまいましたが、また改めてアップいたします。

 



2019年4月14日 (日)

1/43 Fiat Uno Turbo 1986 Portugal ②

大変ご無沙汰してしまいましたが、あっという間に3月も終わり、平成もあと1月となりました。そんな中で、3月末に10年来一緒に暮らしていた愛犬の具合が突然悪くなり、4/1の未明に亡くなってしまいました。もう高齢犬だったので仕方の無いことですが、とても寂しくて模型製作やサイトのアップが滞ってしまいました。
仕事については相変わらず土日イベントの出勤が続いておりますが、気持ちもようやく落ち着いたので、しばらく放置していたフィアット・ウーノ・ターボを進めました。
Imgp8420 Imgp8421
ボディを塗装後、まずはトティップ・カラーのライン・デカールを貼ってみたのですが、まずオレンジの赤味が強くてどうもイメージと違います。
 
Imgp8422 Imgp8556
しかもあちこち寸足らずだったり、ソフターで溶かしてしまい、こんなことになってしまったりとトホホな状況です。
そして決定的な失敗は、ボンネット部分のライン・デカールのオレンジとグリーンが逆になってしまったことです。この部分は、デカール台紙上ではグリーンが内側になっていたのですが、デカールの形は左右逆転させないと貼れない形状になっていました。妥協してデカールなりに貼ってみたのですが、やはりとても気になり、ここで暫し手が止まってしまいました。また、デカールのオレンジは赤味が強く、私のトティップ・カラーのイメージと異なる色だったので、ボンネット部分の修正を含めてオレンジは全て塗り替えることにしました。
Imgp8560 
画像を撮り忘れてしまいましたが、ボンネット部分についてはグリーン部分を含めてデカールの上からホワイトを吹き、その後車体全体のオレンジ部分に調色したオレンジを吹きました。なお、オレンジはクレオスのサファリ・オレンジにホワイトを少し混ぜて調色しました。
Imgp8563
ボンネット部分については、デカール色に合わせて調色したグリーンを吹き、気になっていた部分の修正が完了しました。なお、グリーンについてはクレオスのデイトナ・グリーンに少量のイエローとホワイトを混ぜて調色しています。トティップ・カラーのモデルは今後も数台作る予定なので、塗料は多目に調色しておきました。
Imgp8567 
 Imgp8573Imgp8574
ようやく残りのデカールを貼って、ボディの目途がつきました。なお、カルトグラフ製のデカールはかなり古い物でしたが、多少糊が弱くなっていた程度で難無く貼ることが出来ました。
Imgp8576 Imgp8575
シャーシについては、塗装のうえシートも取付けてボディとの合体スタンバイの状態です。なお、シート・ベルトはZモデルのエッチング金具と定番の細切りリボンで組んでいます。
Imgp8577 Imgp8578
ボディをシャーシに被せて全体のバランスを確認します。車高やタイヤの位置も問題無さそうなので、この後ボディはクリア掛けに進みます。また、ディテールの肝であるクリア・パーツも製作しておかなければなりませんね。

ところでWRCの話題ですが、先月末の3/28~31に第4戦ツール・ド・コルスが開催されました。オジェのシトロエンはアンダー・ステアで苦戦し、トヨタ勢も度重なるパンクで遅れるなど波乱の展開の中、Mスポーツのエバンスがトップで最終パワーステージを迎えましたが、そのエバンスもパンクを喫し、優勝を目前で逃す衝撃的な結果となりました。
結局、優勝はヒュンダイのヌービルに転がり込み、選手権争いが一段と激しくなりましたが、エバンスは本当に残念でしたね・・・実質的にワークス・チームでは無いMスポーツのフィエスタWRCが、ターマックでこれだけのパフォーマンスを発揮するとは予想していませんでしたが、やはり伝統と豊富な経験のあるチームならではですね。次戦以降もMスポーツの活躍に期待しましょう。
また、WRC日本開催に向けてのテスト・イベントが本年11月に愛知で開催されるそうです。WRC日本開催、是非実現して欲しいですね。

2019年3月17日 (日)

三栄書房 RALLY CARS/FIAT ABARTH 131 RALLY

この週末も自宅での時間がほとんど取れず、模型製作は滞っておりますが、三栄書房の’RALLY CARS’の新刊、’FIAT ABARTH 131 RALLY’を手に入れ、移動中にじっくり読みました。
Imgp8546
グループ2/4時代のラリーカーが大好きな私にとって一番の憧れは、アルピーヌA110やランチア・ストラトスではなく、このフィアット131アバルトです。
本誌はその生い立ちから開発秘話、そして当時の関係者のインタビューなどが盛り沢山で、とても読み応えのある内容となっています。
Imgp8547
巻頭には、現役でヒストリック・ラリーに参戦している元ワークス・カーの詳細な画像が掲載されており、模型製作の資料としても役立ちます。
Imgp8550
当時の関係者インタビューには、エンジンやピレリ・タイヤの開発者のほか、このマシーンでWRCチャンピオンに輝いたワルター・ロールが登場します。ロールにとって当時のフィアットとの関係は正に蜜月で、イタリア人と過ごしたこの時期がキャリアの中で最も輝いていたという本人の弁がとても印象的でした。
欲を言えば、131アバルトの開発に最も貢献した’ジョルジオ・ピアンタ’の話も聞いてみたかったですが、今となっては叶わぬ夢ですね・・・
Imgp8552
131アバルトの大きな魅力の1つに、ワークス・チーム以外のプライベーターの活躍があります。特に本国イタリアでは、様々なチームが多彩なマシーンで参戦しており、本誌でもチームやドライバー毎の戦績を綴っています。

何の変哲もないサルーンながらフィアットの市場戦略によりアバルトの魂を叩き込まれ、WRCのみならずERCや各国のラリーを席巻した131アバルト。その生い立ちや活躍を通じて現在よりもラリーが身近であった1970~80年代の雰囲気を感じられる本誌は、全てのラリー・ファンにお勧めの1冊だと思います。

ところで、本誌の発売に合わせて(?)古典キットが再版されました。
Imgp8523
イタレリから発売された1/24の131アバルトです。元は1980年代に発売されたエッシーのキットで、その金型がドイツ・レベルを経てイタレリが引き継ぎ、今般再版された代物です。
このあたりの経緯は、フォード・エスコート MKⅡ RS1800と同様で、中身はエッシー時代と全く変わりませんが、この時代のキットが普通に手に入るのは嬉しい限りですね。
Imgp8555
しかしながら、元々積んであったストックを含めて、こうなってしまいました。また、同じ仕様を作っても仕方が無いので、キットの再販に合わせて発売されたこんなデカールも買ってしまいました。
Imgp8521
Imgp8520
131アバルトのモデルについては、本家サイトに掲載している通り、1/43を中心に相当数の完成品とキット&デカール・ストックがあり、エッシーの131アバルトも2台作っていますが、4半世紀前の作品なのでレストアをしようかなあ・・・などと思っております。
Imgp8544
Imgp8545
・・・こんなことをしているから、デルタが進まないんですよね・・・







2019年3月11日 (月)

1/24 Lancia Delta HF16V 1989 Sanremo ⑤

今日で東日本大震災から8年、現地での復興はまだまだの様ですが、あの災害を忘れること無く、今後も私なりに復興支援を意識していきたいと思います。

先週土曜日は、43モデラー恒例のフレンチ・オフ会に参加し、モデラー諸氏との楽しい時間を過ごしました。幹事のY様、ありがとうございました。
また、先週末にはWRC第3戦ラリー・メキシコが開催され、シトロエンのオジェが今期2勝目を飾りました!今期初のグラベル・ラリーであるメキシコですが、高所・高温、そして悪路という厳しい条件の中で、トップ・ドライバー達は次々とトラブルに見舞われました。そんな中で、スタート順の不利をものともせず、大きなトラブルも無く、最終パワーステージまで制して優勝を飾ったオジェは、本当に素晴らしいですね。
2位に入ったトヨタのタナックも、安定した走りでしっかりと表彰台を獲得しました。同僚のミークやラトバラもタイム的には非常に良く、今シーズンもヤリスWRCのポテンシャルの高さが証明されました。今年もマニュファクチャラー・タイトルが期待出来そうですね。
また、前2戦では精彩を欠いていたMスポーツのエバンスが3位に、そして悲願のタイトル獲得を目指すヒュンダイのヌービルが4位となり、ワークス同士の争いの激しさを物語る1戦となりました。次戦のツール・ド・コルスも楽しみでなりません。

そんな訳で、現行WRカーのキットを思わず買ってしまいました。
Imgp8519
ベル・キットの新製品、一昨年のモンテカルロを制したフォード・フィエスタRS WRCです。キットのレビューは既にアップされているので割愛しますが、すぐに作り出したくなるような素晴らしいキットです。ベル・キットからは、MGメトロやオペル・アスコナ400などの発売予定もアナウンスされていますのでとても楽しみですが、製作ペースがまったく追いつかないですね・・・

プロターのランチア・デルタは、ボディのクリア掛け後、シャーシを弄っていますが、色々トラブルが発生して滞っています。
Imgp8511
Imgp8513
まずホイールですが、キットのモールドはスポークが全て抜けており、そのまま使えそうなのですが、付属のタイヤは幅広でサイドの引っ張り感が強くて不自然なので、ハセガワ・デルタのグラベル用タイヤに変更し、タイヤの幅に合わせてリム幅を切り詰めました。
Imgp8527
Imgp8528
Imgp8524
Imgp8526
一方で、足回りについては、タイヤの取付けがシャーシにシャフトを通すのみで何のディテールも無く、せっかく抜けているホイールのスポークからは、タイヤ・ハウスが見えてしまう残念な構成です。これは、そもそもこのキットが’SWIFT MODEL’という’お手軽キット仕様’だからのようで、さすがにこのままでは気が引けるので、ハセガワ・デルタのストラットやブレーキ・ディスクを仕込みました。
また、マフラーはタイコ付きの市販車仕様となっており、これも出口のみ作り直す予定です。いずれにしてもハセガワ製キットのディテールとは雲泥の差で、素直にハセガワ・デルタを作ることを強くお勧めします。
Imgp8530
Imgp8532
Imgp8531
タイヤの位置については、ボディを被せてシャフトの位置をかなり調整してホイール・ハウスの真ん中に固定しましたが、肝心のボディに大きなトラブルが発生してしまいました・・・
画像のタイヤ上部を見て判る通り、フェンダー部のマルティニ・カラーが削れたり、歪んだりしています・・・これは研ぎ出すタイミングを焦ってしまい、半乾きの状態で擦ってしまったことが原因のようです。
最近、生活環境の変化から、塗装が出来る機会が減ってしまい、塗装をする際にはまとめて一気に作業をしているのですが、その際に焦って中研ぎをしたり、厚吹きをしてしまったことでこんな結果となってしまいました。こういうことが発生すると、かえって作業効率が落ちてしまいますね・・・リカバリー方法については少し頭を冷やして考えます・・・

ルノー5ターボの方もクリア掛けの最中に埃を巻き込んでしまい、その除去に失敗して残念な状態になっています。
Imgp8533
作業は本当に焦ってはいけませんね・・・模型製作歴30年余りですが、最近は下手になってきた気がしてなりません・・・

2019年2月17日 (日)

1/43 Fiat Uno Turbo 1986 Portugal ①

先週の9日から11日の3連休は仕事でほぼ潰れてしまい、この週末は久しぶりの土日休みで、昨日は’43ゴルフ部’でラウンドしてきました。
模型製作の方ですが、赤マルティニ・デルタとルノー5ターボについては、平日の夜中などにクリアを吹き乾燥中です。色々マイナー・トラブルは発生していますが・・・

一方でフィアット・ウーノ・ターボは、デカールに大きな間違いを発見してしまい製作が滞っておりますが、新しいネタが少ないのでこれまでの製作過程をアップします。
キットはメリ製のメタル・キットで、20年位前に購入したものだと思います。どこでいつ買ったのか覚えていませんが・・・
Imgp8249_3
Imgp8246_3
Imgp8248
製作開始前に写真を撮り忘れてしまい、ボディは筋彫りをBMCタガネで彫り、メタルの引けや傷を補修してプラサフを吹いた後の画像です。
キットの内容は、ホワイト・メタル製のボディ、シャーシ、ダッシュボード、シート、ロール・ケージそしてヘルメット等とエッチング製のワイパー、グリル、ホイールによるシンプルな構成です。なお、デカールはカルトグラフ製で経年劣化はほとんどありません。
Imgp8276
Imgp8274
Imgp8275
ボディとシャーシ、そしてタイヤを仮組みして全体のバランスを確認たところ、フロントの車高が少し低かったので調整をしました。実車のイメージと比べて全体的にちょっと大柄な感じがしますが、そこは直せないのでこのまま進めます。なお、フロントとリアのランプについては、透明レジンに置換えるため型取りしてからメタルを削り込みました。
Imgp8403
Imgp8404
ホワイト・メタル製のロール・ケージですが、パーツの精度がかなり悪く、フロント側のパーツも省略されていたので、1mmの洋白線で全て自作しました。なお、シャーシ中央付近にハンダ付けした展示台への固定用ナットについてですが、仮止めしていたビスまでハンダが回ってしまい、ビスが抜けなくなってしまったので付け直しています・・・最初に付けたナットは外れなくなってしまったので、ネジを切断してヤスリで均してありますが、黒く塗ってしまえば目立たないでしょう・・・
Imgp8405
Imgp8407
ロール・ケージの位置決めについては、ボディを被せながら現物合わせで調整しています。ボディはホワイト・サフェーサーで下地を整え、ガイアのホワイトをエア・ブラシで吹き付けました。
この後は、デカール貼りを始めたのですが、トティップ・カラーのデカールで大問題が発生しました。詳細は後ほど・・・

ところで、今週末はWRC第2戦ラリー・スウェーデンが開催され、トヨタのタナックが優勝を飾りました!
今戦の目玉は、あの’マーカス・グロンホルム’がヤリスWRCで出場したことです。メディアからも大きな注目を集めましたが、2007年の引退からのブランクは大きく、現行WRカーを乗りこなすことが出来ずに終わりました。それでも久々の走りとインタビューでの’グロンホルム節’が聞け、我々オジサン世代には懐かしく、とても楽しかったです。
ラリーは序盤、フォードのス二ネンとトヨタのラトバラがリードしていましたが、共にドライビング・ミスで遅れ、その後トップに立ったタナックは、このスウェーデンでも次元の違う走りをみせて2位以下に大差をつけた上にパワー・ステージも制してしまいました。路面を選ばないタナックとヤリスWRCのコンビの速さには、本当に驚かされますね。
一方でシトロエンのオジェは、珍しくコース・オフによりデイ・リタイアを喫しました。2位に入ったラッピの走りを見る限り、C3WRCのポテンシャルは充分あるようなので、次戦以降に期待したいですね。
ライバルのヌービルは手堅く3位に入賞したので、今年も激しい選手権争いが見られそうで、とても楽しみです。


2019年2月 3日 (日)

1/24 Lancia Delta HF16V 1989 Sanremo ④

今週末も昨日は出勤でしたが、模型は少しずつ進めています。
プロターのランチア・デルタは、デカール貼りが終了しました。
Imgp8423
Imgp8424
デカールはカルトグラフ製ではなく、G.Decalというメーカーのものですが、25年前の当時物にしては黄ばみや変色は無く、糊も残っていて曲面にもある程度馴染みました。ただし、Cピラーのスリット廻りなど、そもそもサイズが合わない部分もあり、タッチ・アップは必須です。
Imgp8491
手持ちの塗料を適当に混ぜてデカールに合わせた色を作り、タッチ・アップしましたが、接写画像だとかなり厳しいですね・・・クリアを掛けたら目立たなくなることを期待します。
Imgp8492
Imgp8493
大判のマルティニ・カラーは一部を分割して貼り、ゼッケンの下地には割れや透け防止のためにホワイト・デカールを貼りました。その他の細かいスポンサー・デカールはサイズも問題なく、順調に貼ることが出来ました。
ただし、ルーフのランチアとマルティニのロゴの位置については、説明書の指示が逆になっており、危うくトラップに嵌まるところでした。実車資料の確認は本当に大切ですね。
Imgp8495
Imgp8496
Imgp8497
そのほか、カルフール仕様のルノー5ターボもデカールを貼り終えました。このデカールはレーザー・プリンターで印刷された代物で、台紙の上では文字がぼやけており、ちょっと不安でしたが、ボディに貼ると思っていたよりもはっきりしました。
シャーシとタイヤを仮組みしてみましたが、ソリドのミニカーの様な雰囲気ですね・・・

フィアット・ウーノ・ターボ、そしてタルボ・サンバ・ラリーも平行して作業を進めていますが、フィアット・ウーノ・ターボは結構トラブってます・・・


2019年1月27日 (日)

ニューイヤーミーティング 2019

先週末はインフルエンザに罹って寝込んで終わり、今週末も昨日は仕事のイベントで1日潰れてしまい、模型を弄る時間が取れずにとてもストレスを感じております・・・
そんな中、今朝は早く目が覚めたのでお台場で毎年開催されているクラシック・カーのイベント「ニューイヤーミーティング」に行ってきました。
このイベントは、今回で42回目を数えるクラシック・カーイベントの老舗で、私もTE27のオーナー時代から度々見に行っており、毎年この時期の恒例イベントとなっていましたが、クラシック・カーを巷に広めるというイベントの目的が果たせたことと会場の青海駐車場がオリンピック会場の工事により閉鎖となることから、今年の開催が最後となりました。
Alpine_a110ds211
会場には個人やクラブの展示車両、そして関連グッズや部品のショップ・ブースが多数並んでいました。ただ、例年と比べると車両数やブースが少なく、ちょっと閑散とした印象を受けてしまいました。これもこの手のイベントが各地で開催されるようになった影響なのでしょう。
Angliaescort1
Mgbmorgan1
このイベントの特徴として、英国車の参加が多いことです。今年も歴代のジャガーやモーガン、モーリスなど美しい名車の数々が並んでいましたが、一番目を惹いたのはフォード・アングリアとエスコートのステーション・ワゴンでした。
Anglia4
Anglia2
アヒルの口のような愛嬌のあるフロント・マスクとアメ車風のテール・フィンの組み合わせが絶妙なアングリア、こういった大衆車にも拘りのデザインが取り入れられた正に古き良き時代の車ですね。
Anglia_super1
Anglia_super4
アングリアは関係者駐車場にも1台止まっていました。こちらは上級グレードの’スーパー’で、後方を照らすバック・ランプがリア・ウインドウ内部に装着されているのには驚きました。
Escort3
もう1台の珍車はエスコートMKⅠのステーション・ワゴンです。一見、何の変哲も無いワゴンに見えますが、荷室のサイド・ウインドウが1枚ガラスで、とてもスタイリッシュに仕上がっています。単なる商用車にも当時のデザインに対する意気込みが感じられますね。
Opel_rekord1
そして今年もオペルの珍車が展示されていました。このブースは、オペルの保存会のもので、昨年も展示されていたマンタSRの横にはレコルト・クーペが並んでいました。この手の珍車が間近で見られるのは、「ニューイヤーミーティング」の大きな魅力でした。
Nissan_cherry3
国産勢は、スカイラインや240Z、ダルマ・セリカやTE27など定番の人気車が多数展示されていましたが、そんな中で改めて気になったのはチェリーX-1&X-1Rです。素晴らしいコンディションの2台が並んでいましたが、サイズ感やコンセプトは正にフィアット128を彷彿させますね。
Mazda_carol1
Peugeot_5041
Peugeot_5043
会場を一回りした後は、もう一つの楽しみである見学者用駐車場巡りです。今年の目玉は、ミニ・クーパー風にモディファイされたマツダ・キャロルと3台並んだプジョー504ベルリーナでした。
504ベルリーナは、フランス車のイベントでブラウンの個体を時々見かけますが、今回の3台はどれも初めて見た車でした。どれもグッド・コンディションで、細部まで見入ってしまいました。

このように今回の「ニューイヤーミーティング」もとても目の保養になるイベントでした。最後の開催となってしまったのはちょっと寂しいですが、また別の形で開催されることを期待しています。

ところで、今年のWRCがいよいよ開幕し、初戦のモンテカルロはセバスチャン・オジェが6連覇を達成しました!!!
フォルクスワーゲン、フォード、そして古巣のシトロエンと渡り歩きながらの6連覇は正に偉業ですね!どんな車に乗っても早いオジェ、あのワルター・ロールを彷彿させます。
それにしても今年のモンテカルロは最終ステージまで僅差の白熱の展開で、本当に面白かったですね。最終パワー・ステージをスカパーの生放送で観戦していたのですが、タナック、ローブ、ラトバラの3位争いとオジェ、ヌービルの優勝争いには本当に痺れました。
結局僅か2秒差でオジェがヌービルを下したのですが、オジェと共に優勝争いに戻ってきたシトロエンの活躍にオーナーとしてとても期待しています。
一方で、久しぶりのモンテカルロでもしっかりと結果を残したローブには恐れ入ります。インタビューではとにかく楽しそうで、ラリーを楽しんでいる様子が窺えたのですが、それでも現役のトップ・ドライバーと互角に戦えるローブは正に’神’ですね。コ・ドライバーのダニエル・エレナもすっかり’オジサン体型’となり、もう競技はうんざりかと思ったのですが、ローブと共に本当に楽しそうでした。ローブの余裕を持ったドライビングでポイントを稼げれば、ヒュンダイのマニュファクチャラー・タイトル獲得も現実味を帯びそうです。
トヨタのタナックは、序盤のパンクが響いて3位に終わりましたが、今年も早さはずば抜けているようですね。また、シトロエンではトラブル続きであったクリス・ミークも、ヤリスWRCに慣れてパワー・ステージでは驚きのトップ・タイムを叩き出しました。トヨタの2連覇、大いに期待しています。
今年のWRCも目が離せませんね。

2019年1月14日 (月)

1/24 Lancia Delta HF16V 1989 Sanremo ③

この3連休は仕事のイベントも無く、土曜日は’43ゴルフ部’の初ラウンドに行ってきました。今年もよろしくお願いします。

模型製作については、お手付きキットをボチボチ進めていますが、この週末は天候が良かったので、主にマスキング&塗装を行いました。
まず、プロターのランチア・デルタは、バンパーとサイド・ステップをブラックに塗分けました。
Imgp8399
通常、窓枠などのマット・ブラックの部分は、デカール貼り&クリア掛け後にマスキングして塗るところですが、このモデルはバンパーやサイド・ステップにデカールを貼る箇所があることから、先に塗分けることにしました。なお、この部分についてはクリア掛け後にマット・クリアを改めて吹く予定です。かなり面倒くさい作業ですが・・・
それにしてもこの状態だとラリーカーというよりも、かつての愛車を思い出しますね。

カルフール仕様のルノー5ターボは、ブルーの部分を塗装しました。
Imgp8400
Imgp8401
実車資料の写真では、どんなブルーかよく判らなかったのですが、少しくすんだクレオスのNo.328ブルーエンジェルスを選んでみました。画像はありませんが、マスキングはテープとゾルを併用して出来るだけ丁寧に行い、一部お漏らしや塗料の廻らない箇所がありましたが、タッチ・アップ程度の補修で済みました。

これでランチア・デルタとルノー5ターボも、お手付きの他車と同時に大好きなデカール貼りを始められる状態になりました。




2019年1月 6日 (日)

あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。当ブログ訪問の皆様、今年もよろしくお願いします。

年始は1日から出勤するなど、仕事は既に通常モードに入っており、ゆっくり模型を弄る時間がありませんでしたが、プロターの1/24ランチア・デルタ以外に1/43も数台手を付けています。
Imgp8397
左からミニ・レーシングのルノー5ターボ、メリのフィアット・ウーノ・ターボ、そしてプロバンス・ムラージュのタルボ・サンバ・ラリーです。
1982montecarlo765
ルノー5ターボは、1982年のモンテカルロ・ラリーでプライベートながら8位に入賞したカルフールがスポンサーのマシーンで、ebayで手に入れたデカールを貼りたくて作り始めてしまいました。
1986portugal223
フィアット・ウーノ・ターボは、1986年のポルトガル・ラリーで3位に入賞したトティップ・カラーのマシーンで、今年のクラブのテーマに合致するグループAマシーンです。このキットについては、後ほど製作過程をアップする予定です。
1984tour_de_corse591
そしてタルボ・サンバ・ラリーは、1984年のツール・ド・コルスに出場したマシーンです。今年のホビーフォーラムで、クラブのメンバーが同キットを仕上げていたのに刺激を受けて思わず作り始めてしまいました。なお、このデカールもebayで購入したものを使用する予定です。

年明けもこんな調子で色々手を付けてしまっていますが、今年は仕事の都合で製作環境に制約を受けることから例年以上に製作ペースが落ちるので、本能のまま’お手付きキット’を増やさないよう、自制していきたいと思います・・・

ところで、今月24日から今シーズンのWRC初戦ラリー・モンテカルロが始まります。昨シーズンはオジェが6連覇を果たし、トヨタが復帰2年目でマニュファクチャラー・タイトルを獲得して大いに盛り上がりましたが、その後のストーブ・リーグも意外な展開となりました。
オジェのシトロエンへの移籍により、参戦が危ぶまれていたMスポーツの参戦継続は嬉しい限りですが、まさかローブがヒュンダイから参戦することになるとは・・・
なかなかタイトルが取れない状況のヒュンダイが、代表のミッシェル・ナンダンに圧力でも掛けたのかと思いましたが、そのミッシェル・ナンダンがチームを離れてしまい、正直なところヒュンダイがローブを参戦させる目的が何なのかさっぱり判りませんね・・・
古巣シトロエンから6年ぶりに参戦して、スペインでは優勝を飾ってしまったローブの底力には本当に驚きましたが、WRカーに乗れない若手ドライバーが沢山いる現状を考えると、ローブにシートを託すのはWRC全体としてどうなのかと疑問に思ってしまいます。
もっとも、ローブがどこまで結果を出すのか楽しみでもありますが・・・
いずれにしてもWRCは今年も話題が豊富で、開幕が待ち遠しいですね!

今年もこんな感じでモデル・カー製作やカー・イベント、WRCの話題などをアップしていきますので、よろしくお願いします。

2018年12月31日 (月)

1/24 Lancia Delta HF16V 1989 Sanremo ②

早いもので今年も大晦日になってしまいました。ブログをご覧の皆様、1年間ありがとうございました。
今年こそは仕事が落ち着くかと思ったのですが、昨年以上にバタバタした1年となり、模型製作も中盤に大きなスランプがあって、ホビーフォーラムにおけるクラブのテーマであった「グループBマシーン」に向けて様々なキットを用意していたにも関わらず、結局オペル・マンタ400を中心に完成車は10台程度と低調に終わってしまいました。
来年こそは・・・と毎年この時期には思うのですが、単身赴任という模型製作環境の大きな変化もあることから無理せずに楽しんでいきたいと思います。

製作中のデルタは、年末休み中に本塗装まで終わらせました。
Imgp8364
Imgp8362
Imgp8363
ドライバー側のドアとボンネットを固定し、筋彫りを彫り込んでクレオスの1500#ホワイト・フィニッシング・サフェーサーを吹いてボディの状況を確認します。因みにボンネットのルーバーは、裏側に中桟を追加して開口部を整え、埋まらないように下地塗装をしました。全体的にパーティング・ラインや引けは概ね補修出来たのですが、フロント・グリルを仮組みしてみると引っ込んでいる気がしてなりません。
Imgp8368
Imgp8369
結局、ボンネットの先端とボディ端部を削って修正しました。なお、ライト・ハウジングについては、別パーツに置換えるため開口してあります。
Imgp8367
リア・フェンダー下部も、マフラー出口が変なことになっているので、修正が必要ですね・・・。
Imgp8371
Imgp8372
気になる箇所を修正後、クレオスの基本色レッドをエア・ブラシで吹きました。また、キット付属のタイヤのバランスを確認するため、ホイールをホワイトに塗装して仮組みしてみましたが、大きさも位置もかなり微妙ですね・・・ロードカーならこのバランスもありかと思うのですが・・・
Imgp8377_2
Imgp8378
ハセガワのボディと並べてみましたが、全体のバランスやディテールはハセガワの方が断然良いです。従って、敢えてプロター/イタレリのキットを選ぶ必要は無いと思いますが、ここまで進めたのであまり悩まずに完成させてしまいましょう。

ところで、先日今年最後のプレゼントが届きました。
Imgp8385
Imgp8386
ビーマックスから発売された待望のデルタS4のインジェクション・キットです。グループBの象徴として、そして悲劇のマシーンとして語り継がれているマシーンが、WRCデビュー戦の1985年RACラリーから33年を経て製品化されました。
ここ最近、ビーマックスからはこの手のキットのリリースが続いており、我々世代にとって嬉しい限りですが、無尽蔵にストックが増えていくのも困りものですね・・・
Imgp8387
Imgp8388
中身を確認すると、コクピット部分のボディ・パーツが破損している旨の告知と代替パーツが同封されていましたが、私にはどこが破損しているのか判りませんでした・・・
早速、ボディを仮組みしてみましたが、フォルムはなかなか良さそうです。

このように今年も新製品の発売に製作ペースがまったく追いつかず、製作台数<購入台数となり、キットのストック場所に悩む結果となりましたが、とりあえず健康に過ごせたことに感謝しなければなりませんね。
それでは皆様、良いお年を!








«Morning Cruise ④