無料ブログはココログ

2017年6月26日 (月)

Ford Escort MKⅠ 1973 RAC ①

ブログをアップする度にお手付きキットを増やしてしまい、不甲斐ないのですが、BELKITSのフォード・エスコートMKⅠ1974年1000湖ラリー優勝車をお台場に持って行ってしまったので、同じキットの仕様違いを作り始めました。
Imgp5833
キットの仕様は、1973年RACラリー優勝車ですが、同ラリーで3位に入賞したマルク・アレンのエスコートをREJI MODELのデカールを用いて製作します。
1973rac186
Imgp5834
24日の土曜日にザクスピードのエスコートのボディを弄りながら、まずはシャーシや足回りのパーツの塗装や仮組みを行いました。
Imgp5835
一度組んだキットであることやパーツの精度も高いことから、半日ほどの作業でここまで進みました。なお、シャーシについては、キットのままだとボディにとても嵌め難いので、フェンダー廻りやシャーシの先端を削っています。
Imgp5838
ホイールについては、前回と同様に外側のツメを削り取り、タイヤを嵌め易く加工しました。今後はボディの筋彫りや補修を行い、梅雨の合間をみて塗装に進みたいと思います。

それにしても、お手付きキットがまた溜まってきてしまいましたが、来月中の完成を目指して頑張ります。誰かに頼まれている訳ではありませんが・・・








2017年6月25日 (日)

物欲報告①

今日は最近の物欲について報告します。未製作のキットがどれだけあっても新しいキットや珍しいキットを見つけると買ってしまうのがモデラーの性ですが、私もご多分に漏れず着実にキット・ストックを増やしております。
私の場合、購入するカテゴリーを1970~80年代のラリーカーに限定しているのですが、それでも1/43スケールのキットは、種類が多いのと海外通販やオークションで何でも買えるご時世になってしまったため、際限無くストックが増加しています。
また、1/24スケールも最近、このカテゴリーのプラモデルやガレージ・キットが新規に製品化されることが多く、こちらのストックも順調に数を伸ばしております。そのストックの様子は、別の機会に掲載する予定ですが、今日は最近購入した1/24のプラモデルについてアップします。
Imgp5822
Imgp5823
まずは、今月発売されたアオシマのTA64セリカのターマック仕様です。TA64セリカについては、サファリ・ラリー優勝車が製品化されており、当然ストックしているのですが、ターマック仕様も魅力的なので買ってしまいました。
ちなみにTA64セリカについては、さかつう製レジン・キットを既に完成させています。
86safari21
このモデルは、先日までお台場メガ・ウエブに展示していたもので、プロポーションやディテールなど全体のバランスは個人的にベストなキットだと思います。そんな訳で、サファリ仕様を作るつもりは無く、先に購入していたキットもターマック仕様かRA63セリカに改造(!)しようかと思っていたのですが、今回の追加購入でストックに余裕(?)が出来ました。
Imgp5824_2
ターマック用のホイールは、リム部分がメッキの別パーツになっています。キットと合わせてメーカー純正のグレード・アップ・パーツも購入しましたが、最近定番のこのパーツ、シート・ベルトなど効果的な部分は多くありますが、余計なパーツもあり、スキルも必要なので必須ではないと思います。
Imgp5827
アオシマのグループBシリーズ、アウディ・クアトロS1やランチア・デルタS4の製品化もアナウンスされており期待していますが、製作がまったく追いつきませんね・・・画像はそのストックと今年のホビー・フォーラムのテーマに向けて製作したいフォード・エスコートやトライアンフTR7です。

Imgp5830
もう1台は少し前に発売されたハセガワのランチア・ラリー037のR6仕様です。トレ・ガッツェレというプライベート・チームのマシーンで、1983年の1シーズンのみ走ったものです。ちなみにこの仕様は、スタジオ27から別売デカールが発売されており、ハセガワのキットをベースに私が製作したモデルを親サイトにアップしています。
http://group4rally.car.coocan.jp/page459.html
ただし、今回のハセガワの仕様は、スポンサーのロゴ(R6)が白く塗り潰されたものです。これは、’555’などの煙草スポンサーであったように、ステージによってスポンサーが制限されたことによる処置と思いますが、ハセガワはスタジオ27との違いを強調したくてこの仕様にしたのでしょうか???
Imgp5832
因みに1/43ではMeriからR6を塗り潰した同仕様(1983Targa Florio)のキットが出ており、そのデカールをRacing43のキットに貼った作りかけが手元にあります。珍しい仕様ではありますが、ちょっと凝り過ぎではないかと・・・

それでもハセガワの037は、発売以来20年近く経つにも関わらず、このような仕様変えが追加されるのは嬉しいことですが、願わくばベース・キットの全面リニューアル版を期待したいところです・・・

2017年6月24日 (土)

Ford Escort MKⅡ Zakspeed 1975 Sanremo ②

明日の25日、日曜日は天気が下り坂という予報でしたので、今日はエスコート MKⅡ ザクスピードのボディを塗装まで進めました。
Imgp5812
Imgp5813
まず、下地ですがレジン製のボディはバリや気泡、欠損などが多数あり、光硬化パテやプラバンを用いて補修しました。そのため、プラサフ(ソフト99の缶スプレー)を吹いては削る作業を4~5回繰り返しました。
また、各部の筋彫りについては、BMCタガネで彫り込みを行いました。ちなみにタガネの太さは、ドアやトランクなどの開口部は0.3㎜を、ウインドウ廻りやパネルの継ぎ目などは0.2㎜を使用しています。筋彫りによってボディの印象が大きく変わるので、その幅や深さはポイントになりますが、私はボディに墨入れをしないので、太目に深く彫り込むのが好みです。特にウインドウ廻りについては、予め筋彫りをしておくことにより、窓枠のマスキングや塗装がやり易くなるので、はっきりと彫るようにしています。このあたりは、好みもあると思いますが・・・
Imgp5818_2
シャーシを仮組みして全体のバランスを確認します。ボディ・カラーは黄色なので、プラサフの上にクレオスのホワイト・サフェーサー(1000#)を缶のまま吹いて、スポンジやすりで水研ぎして下地を整えました。トランス・キットに入っていたダットサン・コンペ風のシートについてもセミグロス・ブラックで塗装しました。
Imgp5819
Imgp5821
土曜日中に何とか本塗装まで完了しました。黄色はフィニッシャーズのピュア・イエローをそのままエア・ブラシで吹いています。実車が果たしてこの黄色なのかわかりませんが、この車はサンレモ・ラリーの前にツール・ド・フランスにBPカラーで出場しているので、その黄色に近いピュア・イエローを選びました。
塗装が乾燥したら次はお楽しみのデカール貼りですが、トランス・キットとは違う仕様なので、一部のデカールについては手当しないといけませんね・・・

2017年6月23日 (金)

お台場メガウェブ ヒストリーガレージの展示 ②

以前、アップしたお台場メガウェブ ヒストリーガレージの展示品の一部について、先日20日の火曜日に定休日を利用して入れ替えを行いました。
持ち帰ったのは下記の2台です。
・TOYOTA TA64 CELICA TWIN CAM TURBO/1986 SAFARI No.2
・FORD ESCORT MKⅡ RS1800/1979 RAC No.1
新たに展示したのは下記の2台です。
・TOYOTA RA20 CELICA/1976 PORTUGAL No.2
http://group4rally.car.coocan.jp/page465.html
・FORD ESCORT MKⅠ RS1600/1974 1000 LAKES No.6
http://group4rally.car.coocan.jp/page053.html
Imgp5800
Imgp5809
入れ替えにあたっては、クラブのメンバー数人と共に各々のモデルの入れ替えや配置変え、清掃などを行いました。
Imgp5803
Imgp5804
なお、同所での実車展示については、6/25(日)までトヨタと日産のラリー・マシーンを同時に見ることが出来ます。
Imgp5781
Imgp5796
Imgp5783_2
日産車の展示は、310ブルーバード、510ブルーバードそして240Zの3台で、どれも手の届きそうな場所でじっくり観察することが出来ます。
日産車の展示後も色々企画があるそうなので、お台場にお越しの際は是非、ヒストリーガレージにお立ち寄り下さい。



2017年6月18日 (日)

Body Cover

今日は模型ではなく実車の話題を掲載します。
元々使っていたボディ・カバーがボロボロになってしまっていたのですが、梅雨が本格化する前に新調しました。
Imgp5763
Imgp5764
このカバーはC4を購入直後に買ったので9年半ほど使用しましたが、直射日光の当たるフロント部分がズタズタになってしまいました。
Imgp5765
一応、カーポートの下でシートを掛けているので直射日光が当たるのはフロントのみであり、それ以外の部分はほとんどダメージが無いので、紫外線の影響がそれだけ大きいということですね。
ちなみにこのボディ・カバーは、ARCADIAという専門ショップにオーダーしたもので、私が最初に購入した時にはC4クーペ用のカバーは無く、お店に車を持ち込んで採寸して作ってもらいました。
このショップのカバーは、TE27に乗っていた頃から使っており、以前使用していたDELTA用のカバーは今でも屋外の道具置場のカバーとして健在です。今回のようにボロボロになったことは無かったので、同じものを購入するのはちょっと不安でしたが、10年近く使えたのと質感やフィット感はとても良いので結局同じものにしました。
Imgp5762
Imgp5767
生地は4種類から選べるのですが、ゴア・テックス表地のものはお値段もするので、ナイロン表地/ポリエステル裏地のAタイプを選びました。
Imgp5768
これで安心して梅雨や真夏を迎えられそうです。

今週末はル・マン24時間ですが、トヨタは雪辱を果たせませんでしたね・・・それにしてもLMP2クラスが、上位勢のほとんどを占めるとはどういうことなのでしょうか??

2017年6月17日 (土)

Ford Escort MKⅡ Zakspeed 1975 Sanremo ①

お手付きのキットを次から次へと掲載するのは忍びないのですが、レストア中のエスコートと同時にシャーシを弄っているのがこのキットです。
Imgp5751
Imgp5750_2
Esciのフォード・エスコートをターマック・スペシャル仕様に変更するためのReji Model製トランス・キットです。実車は、1975・1976年のWRCやイギリス国内選手権数戦に出場したマシーンで、ターマック仕様の足回りのほか、ザクスピード製ボディ・キットを纏っていました。
トランス・キットの内容は、大型のブリスター・フェンダー装着を再現したレジン製ボディとシート、ハンドル、そしてグレード・アップ用のエッチング・パーツが内包されています。また、デカールは1976年のWRCモンテカルロ・ラリーで5位に入賞したロジャー・クラークのマシーンのものですが、この仕様はトロン製1/43キットを既に完成させています。
http://group4rally.car.coocan.jp/page350.html
そのため、今回は同仕様ではなく、1975年のWRCサンレモ・ラリーにエントリーしたティモ・マキネンのマシーンにする予定です。
1975sanremo32
このサンレモ・ラリーには、翌年のモンテカルロ・ラリーと同様にロジャー・クラークとティモ・マキネンの2台がエントリーしましたが、ホモロゲーションの問題からかスタートせずに棄権したようです。
資料はこのテスト中の画像のみですが、デカールは何とかなりそうなので、キットとは違う仕様で作ってみたいと思います。
Imgp5752
進捗状況ですが、ボディはバリを取って筋彫りを深くし、1度目のプラサフを吹いたところです。細かい傷や気泡が多いので、下地処理を丁寧にする必要があり面倒です。
Imgp5754
Imgp5757
シャーシはレストア中のエスコートのものをこちらに流用し、車高やサスペンションの取付け位置などを調整しています。
Imgp5760
Imgp5761
キットをそのまま組むとタイヤの位置が前寄りになり、車高も腰高になってしまったため、現物合わせで位置決めしました。
Imgp5759_2
ボディを被せて全体のバランスを確認します。前後共、車高やタイヤの位置はこれで問題無さそうです。
私の製作パターンはボディが先行するのが通例ですが、このモデルは足回り先行で調整も終わったので、今後は安心してボディに専念したいと思います。


2017年6月11日 (日)

Morning Cruise ①

WRCイタリアは、フォードのオット・タナックが初優勝を飾りました!リードしていたヒュンダイのヘイデン・パットンは、土曜日午後の最初のステージでクラッシュ、リタイアという展開で、順位が1つづつ繰り上がってトヨタのラトバラも2位獲得という、素晴らしい結果となりました。トヨタ勢は、エサペッカ・ラッピがパワー・ステージを制すると共に総合4位、ユホ・ハンニネンが総合6位と着実に結果を出しています。特にラッピの活躍は想定外で、今後の活躍が楽しみですね。

ところで、今朝は代官山T-Siteで開催された「モーニング・クルーズ」に行ってきました。このイベントは、毎月第2日曜日の早朝にテーマを決めて開催されているもので、今回のテーマは「フランス車」でしたので、早起きして参加しました。
Imgp5700
イベントの内容は、午前7時から9時まで駐車場に車を並べるだけですが、都心の早朝ドライブが楽しめるのとテーマによってはかなり珍しい車を見ることが出来るので、以前から年数回参加しています。今回は「フランス車」ということで、テーマ車両の指定場所に憧れのアルピーヌA110と並んで駐車しました。
Imgp5690
会場には様々な時代やメーカーのフランス車が並んでいました。右側のシトロエンXMは、フロントにユーリエのボディ・キットが組み込まれているレアな仕様です。
Imgp5708
車仲間のシトロエンDS3の横には、ルノー8 ゴルディーニ様が鎮座していました。
Imgp5712
良い感じにやれたシトロエンGSとプジョー504ベルりーナです。こういったイベントでは、どうしてもヒストリック系に眼が行ってしまいますね。会場にはアルピーヌA110やルノー5ターボなど、ラリー系の定番車も並んでいました。
Imgp5694
Imgp5716
Imgp5705
テーマであるフランス車以外でもエンスー車が多数参加していました。モーガンとBMW Z1を同時に見れる機会などなかなか無いですね。
Imgp5714
国産勢もトヨタ2000GTやLFA、ホンダS800などが複数台参加しており、国内外の名車が一堂に集まった楽しいイベントでした。

ところで、代官山T-Site蔦屋書店の自動車本コーナーはとても充実しているので、モーニング・クルーズに参加する楽しみの1つになっています。このコーナーは、以前用賀にあったリンドバーグという自動車本の専門書店が吸収されたものなので、ここでしか現物が見れない洋書も多く、来る度に思わず買ってしまいます。
Imgp5719
今日も大好きなフィアット131アバルトの写真集を見つけてしまい、迷わず購入しました。こういった画像は今時ネット上に沢山出ており、資料としてわざわざ本を買う必要はあまり無い気がするのですが、現物を手に取ると欲しくなってしまいますね。
Imgp5726
Imgp5728
本の内容は、ワークス・チームよりもイタリアのローカル・チームの131アバルトがメインで、魅力的なカラーリングのマシーンが多数掲載されており、こういったレア物に興味のある方には是非お勧めの1冊です。

実車と物欲が楽しみなモーニング・クルーズ、また参加したいと思います。


2017年6月10日 (土)

Ford Escort MKⅡ 1981 Sanremo ②

今週末はWRC第7戦ラリー・イタリアが開催されています。イタリアでは2003年までサンレモがWRCのイベントとして開催されていましたが、2004年以降はサルディニア島で行われています。コースはルーズ・グラベルで、アクロポリスほどではありませんが、かなり荒れた路面です。
今年は天候が良い分、ダストや小石が多く、出走順が順位に大きく影響しているようですね。土曜日を終えての順位は、ヒュンダイのヘイデン・パットンが首位で、フォードのオット・タナックとトヨタのヤリマティ・ラトバラが追う展開となっています。トヨタ勢はユホ・ハンニネンが5位、エサペッカ・ラッピが6位と好位置に付けており、最終日が楽しみです。
一方で、シトロエンのクリス・ミークはまたしても横転、リタイアしてしまいましたね。一体何台マシーンを壊せば気が済むのかという位、ここのところ毎戦クラッシュしているミーク、コ・ドライバーが気の毒です・・・

ところで、模型の方ですが今日はブログを始めた当初に掲載した1/24ESCI製プラモデルのフォード・エスコートMKⅡについてアップします。
このモデルは大昔に作ったキットについて、レストアと合わせて仕様を変更しているものですが、ボディのクリア掛けまで終わり、窓枠を塗装するためにマスキングしてテープを剥がしたところ、ゼッケンなどのデカールが剥がれてしまうという重大なトラブルに見舞われています。
その後、ボディはデカールの剥がれた所にホワイトを吹付けて、下地を整えている状態です。
Imgp5529
今度はデカールが剥がれない様、木工用ボンドでしっかり貼り付ける予定です。シャーシについては、車高やトレッドを調整するため、足回りを分解しています。
Imgp5673
内装についても全て分解してロール・ケージを作り直したり、シート・ベルトを交換したりしています。
Imgp5563
Imgp5552
ロール・ケージは直径2㎜のフレキシブル・パイプで自作しました。シート・ベルトは、キットのパーツのプラ製バックルやフックをそのまま組んでありましたが、見栄えが良くないのでエッチング製の金具に交換しました。
Imgp5671
Imgp5672
ベルトは定番のナイロン製リボンを裁断したものです。これで少しはディテール感が増した気がします。
このキットもトラブルで製作が中断していたものですが、ブログ掲載をきっかけに何とか完成させたいと思います。












2017年6月 6日 (火)

Hobby Room ①

GAFFEの巨匠様に作業場を見せろと強要しておきながら、私の作業場を晒さないのは卑怯な行為なので、順次公開していきます。
Imgp5571
まずは、作業スペースの全景です。真中が作業机で机の右端には食器乾燥機が鎮座します。机の左にはテレビ&DVDプレーヤーが、机の下とテレビの下には資料本が並んでおり、左足元にはお手付きキットの箱が積まれています。
机の上空はベッドです。ニトリで売っていた金属製フレームのベッドで、寝床は上段部のみのため、下段部分にはこのように机を入れるなどして、スペースの有効活用が出来る優れものです。このベッドのお陰で、家族に迷惑をかけずに寝る直前まで製作に専念出来ます。
Imgp5572
机の上は撮影のために全て片付けた状態です。改めて見ると結構なスペースがあります。なお、老眼対策のため、照明は3灯装備しています。
Imgp5588
Imgp5638
普段はこんな感じです。作業そのものはゴム製マットの上で行っており、製作中のモデルのパーツが常に散乱しています。食器乾燥機の横には完成品のケースが1つ置いてあり、その上に1/24の作りかけのボディやシャーシが放置されています。食器乾燥機の中には1/43のボディが散乱中です。
Imgp5578
テレビ&DVDの横には大量の塗料が並んでいます。以前は机の引き出しや床に散乱していたのですが、最近100円ショップで棚を購入して、フィニッシャーズ、ガイア、クレオス、タミヤのメーカー別に整理しました。テレビ&DVDは様々な用途を考慮して、ベスト・ポジションに配しています。
Imgp5576
机の足元はこんな感じです。机の下の本棚は移動が可能ですが、本棚の下にパーツが頻繁に転がり込んでしまい、作業効率を落としています。
Imgp5641
Imgp5640
机の下には電流値をコントロール出来るコンセントを付けています。これでリューターの回転速度やハンダごての温度を調整しています。移動棚の引き出しにはリューターやハンダごてのほか、カッター、棒ヤスリ、ピンバイスなど頻繁に使う工具や小径のネジなどをゴチャゴチャに入れています。
Imgp5573
食器乾燥機の右の本棚には、1/43用各種パーツを入れたレターケースがあり、その下は資料本や溶剤が並んでいます。

このように、作業机の前に座って手が届く範囲に、作業に必要な工具やパーツ、資料本等の収納スペースがあります。しかしながら、就寝直前まで作業が出来る環境が災いして、普段は毎日片付けることが出来ず、パーツや工具が机の上全体に散乱しているのが日常的な光景ですが、今日はカッコつけて、片付いた状態をアップしてしまいました。



2017年6月 4日 (日)

Ford Escort MKⅠ Gr.5 1979 Giro D'Italia ①

先日完成させたベルナール・ベギンのエスコートは、ベギンのドライブしたポルシェ911SCやフィアット131アバルトと共に展示ケースに固定しました。
Imgp5570
お手付きキットの内、今日はフォード・エスコートMKⅠのグループ5仕様についてアップします。これもアレナのキットで、ジーロ・デ・イタリアに出場したかなり珍しい仕様のマシーンです。
Imgp5544
Imgp5543
1979年当時のフォードは、エスコートMKⅡでWRCにワークス参戦し、年間タイトルを獲得していますが、市販車を含めて主力はMKⅡに移行しており、この時期になぜMKⅠベースでこのような仕様のマシーンが作られたのか、理由はさっぱりわかりません。しかもグループ5仕様となると出場可能なイベントは限られており、実戦での戦績も無いマシーンがキット化されたことには本当に驚かされます。アレナの本国、イタリアでは人気があったのでしょうか?

そんな不思議なマシーンですが、大型化されたオーバー・フェンダーやリア・ウイングに魅せられてしまい、このキットも発売前に予約して購入しました。
Imgp5545
キットの内容は、レジン製のボディ&シャーシに多数のエッチング・パーツというアレナ定番の構成ですが、これもパンテーラと同様にScala43のキットがベースのようです。
購入直後にボディの下地処理とベース・ホワイト吹付まで行った後、なぜか放置していましたが、今年のクラブのテーマが「イギリス車」でもあるので、完成に向けて製作を再開した次第です。
Imgp5556
Imgp5554
この週末にはシャーシの組立てを進め、ロール・ケージを組んでボディと合わせてみました。ロール・ケージはキットに同封されたバリだらけのレジン・パーツを整形して使用しましたが、ダッシュ・ボード廻りを少し調整した程度でうまく納まりました。
Imgp5566
シャーシの塗装については、ソフト99の缶スプレーのプラサフを下地に吹き付け、GSIクレオスのフィニッシング・ブラック(1500#)を缶スプレーから吹いて仕上げました。このフィニッシング・ブラックは、肌理が細かくて食い付きが良く、簡単に綺麗に仕上がることから、最近はシャーシなどのブラック塗装の定番となっています。
シートは仮に置いてありますが、今後はシート・ベルト取付け等の細かい作業をぼちぼち進めて行きます。
なお、ボディについては、この週末にグリーンの部分をマスキングして塗装しようと思ったのですが、リア・ウイングも同色なのでウイングを組み立ててから一体で塗装することにしました。

«De Tomaso Pantera Silouette 1979 Giro D'Italia ①