無料ブログはココログ

2017年12月17日 (日)

Ford Escort MKⅠ 1972 Safari ②

連日、忘年会が続いていますが、模型の方も少しづつ進めています。
エスコートMKⅠの1972年サファリ・ラリー優勝車については、内装がほぼ仕上がりました。
Imgp6809
Imgp6810
ロール・ケージは1.2㎜の洋白線で自作し、シート・ベルトの金具は、アレナやスカラ43のジャンク・パーツを流用しています。なお、このキットのリア・キャビンには、耐久ラリー用の燃料タンクや予備パーツ、ヘルメットなどがモールドされていましたが、私の技量では塗り分けが不可能なので削ってしまいました・・・
Imgp6812
その後、シャーシとボディを合わせて、タイヤの位置や車高を調整しました。特にタイヤの位置については、シャーシの穴にシャフトを通すとフェンダーの中心からかなりずれていたので、丁寧に位置合わせを行いました。
残る作業は、細かい外装パーツの取付けですが、先週購入した実車資料を参考に、出来る範囲でディテール・アップを施したいと思います。

バタバタしていて製作ペースが上がらない今日この頃ですが、またしてもebayで長年探していたキットを見つけてしまい、先日フランスから届きました。
Imgp6813
1982montecarlo2513
レコルド製のレジン・キットで、ポルシェ924カレラGTSの1982年モンテカルロ・ラリー出場車です。レコルドは、レジン・キット黎明期のメーカーで、ジャンルを問わず様々な車を製品化しており、グループ4~グループB時代のラリーカーも多数発売されていました。
ポルシェ924カレラGTSのラリー・バージョンについては、トロンからも発売されており、既に’Gitanes’カラーの1台を作っているのですが、レコルドから発売されていた’Almeras’チームのモデルが欲しくて長年探していました。
しかしながら絶版になって久しく、国内ではオークションでも見たことが無い物なので、海外オークションで時々検索していたのですが、先月末にebayを覗いていたら、何とこのキットが複数台出品されていたのです。
当然、値段も確認せずに迷わずクリックしました。
Imgp6816
Imgp6814
キットの内容は、レジン製のボディ&シャーシにホイール&タイヤ、ハンドルやワイパーなどの付属パーツからなるシンプルな構成です。
ボディは、気泡がかなりありますが、フォルムは非常に良く、経年による変形もありません。バキュームも変色せずに透明を保っています。
Imgp6817
Imgp6819
タイヤはさすがにヤバそうですが、ホイールはそのまま使えそうです。一番の懸念はデカールの状態ですが、とりあえず割れや変色はないので、何とかなりそうです。
因みにレコルドからは、このモデルのほか1982年ツール・ド・コルス出場車も発売されていましたが、そのキットも数年前にebayで手に入れており、ボディの塗装まで手を付けています。
Img_1505
Imgp6815
ポルシェ924カレラGTSは、個人的にとても好きな車であり、その貴重なキットがようやく手に入ってとても満足しています。

こういったキットこそ、現代のレベルでキッチリと仕上げたいですね。




2017年12月11日 (月)

Ford Escort MKⅠ 1972 Safari ①

「モーニング・クルーズ」に行くもう一つの目的として、蔦屋書店の自動車コーナーがあります。このコーナーは、以前環八沿いにあった自動車専門書店のリンドバーグが統合されたもので、特に洋書が充実しており、「モーニング・クルーズ」のテーマに合わせたフェアなどを開催していることから、行く度にその企画に嵌って洋書を購入しています。
今回もテーマとは違うのですが、ラリー関係の新刊を見つけて買ってしまいました。
Imgp6798
「RALLY CARS」など、ラリー関係の写真集を多数発刊している’Maklein’から出版された「FORD ESCORT RS1600」です。内容は、エスコートMKⅠまでのフォードのラリー参戦史や、ハンヌ・ミッコラのエスコートMKⅠが制した1972年サファリ・ラリーの詳細、同年のヨーロッパ・ラリー選手権の結果などを多くの画像を交えてまとめたものです。
Imgp6799
Imgp6800
エスコート以前のフォード・ファルコンによるモンテカルロ・ラリー参戦やコルチナ・ロータス、フォード・タウナスなどによる耐久ラリー参戦について、画像と共に詳細な解説が綴られています。
Imgp6801
Imgp6802
サファリ・ラリーについては、1953年のフォード初参戦の時代から詳しく掲載されており、各時代に活躍したマシーンの画像のほか、1968年サファリ・ラリー出場車のコルチナ・ロータスMKⅡの透視図や1970年出場車のフォード・カプリなど、今まであまり見たことの無い画像や資料が多数収められています。
Imgp6803
Imgp6805
そして、メインは1972年サファリ・ラリー優勝車の詳細です。参戦時の画像はもちろんのこと、優勝車以外のフォードや他チームのマシーンの画像、そして保存されている現車のディテール画像も多数掲載されています。
Imgp6806
Imgp6807
Imgp6804
こういった画像は、ネットで幾らでも集められる時代ですが、詳細な解説と共に本の形で所有したいと思ってしまうのは、我々旧世代の性なのでしょうね。
しかしながら、そういった世代が買わなくなってしまうと、書籍や書店そのものが無くなってしまうので、今後も買い続けていこうと思っています。

せっかく良い資料本が手に入ったので、お手付き状態で放置していた1972年サファリ・ラリー優勝車を弄っています。
Imgp6467
Imgp6377
モデルは、トロン製の1/43レジン・キットで、ボディの下地塗装が終わった状態で放置していました。なお、リア・ライトを透明レジンに置き換えるべく、ボディのモールドを削り、筋彫りはBMCタガネで彫り込んであります。
Imgp6508
ボディは、ホワイトを吹いてデカールを貼り、クリア掛け&磨き出しと窓枠の塗装まで終わっていますが、今後は資料を参考にディテール・アップを施してみたいと思います。

それにしても、既に終わってしまった今年のホビーフォーラムの課題が、何時まで経っても片付きませんね・・・

2017年12月10日 (日)

Morning Cruise ③

今朝は、今年最後の「モーニング・クルーズ」を見学するために代官山’蔦屋書店’まで行ってきました。
今回のテーマは、「V型8気筒」。新旧織り交ぜた名車が集まりました。
F401
F40chevrolet_camaro_z28
まずは究極の8気筒フェラーリ、F40です。会場には4台も来ており、そのオーラを存分に発揮していました。’シボレー・カマロ Z28’との並びも珍しいシーンですね。
308gtb2
8気筒フェラーリは、グループ4仕様のラリー車のベースとなった初期型の308GTBも数台参加していました。
Plymouthdodge
Dodge_challenger2
Plymouth_barracuda4402
Plymouth_barracuda4403
V8と言えばやはり’アメリカン・マッスル’ですね。米国本土のメーカーは、ラリーに積極的では無かったので、個人的な興味の対象にならなかったジャンルですが、この獰猛さには無条件で憧れがあります。
会場では、プリムス・バラクーダとダッジ・チャレンジャーの兄弟車が並んでいましたが、本当に痺れました。
Chelbymorgan2
Silver_cloud2
Jaguar_mk1
その他、マスタングGT350とモーガン+8の並びが見られたり、ロールス・ロイスのシルバー・クラウドやジャガーMKⅡなど往年の名車をじっくりと見学することが出来ました。
Lotus_espritbeta_coupe
Beta_coupe1
会場には、見学者の’エンスー車’も多数訪れていましたが、中でも目を惹いたのは、ランチア・ベータ・クーペです。ストラトスにも設定されていたブルーのボディのシリーズ2で、とても状態の良さそうな車でした。

「モーニング・クルーズ」、今年は6月9月そして本日と3回参加しましたが、来年も折を見て是非参加したいと思います。


2017年12月 4日 (月)

物欲報告⑩

年末に向けて怒涛の忘年会シーズンが始まり、休日を含めて飲み会ばかりで模型を弄る時間が取れそうにありません・・・そんな中ですが、オーダーしていたキットがイギリスから届きました。
Imgp6730
アレナの新作キットで、ポルシェ935の1980年ジーロ・ディ・イタリア出場車です。ドライバー陣は、前年の同イベントの優勝クルーで、スポンサーも同じくmomoです。
ただし、マシーンは前年のIMSA仕様ではなく、ヨースト・レーシングが製作した耐久レース仕様の935Jで、ボディの細部の仕様はかなり異なります。
Imgp6731
Imgp6732_2
ボディについては、新たに型を起こしたようで、ボンネット上のフィンが再現されています。リア廻りも開口部が多く、複雑な形状をしていますが、モールドはとても綺麗で、ボディ全体の佇まいも良好です。
Imgp6733
Imgp6735
キットの構成は、アレナ定番のエッチング・パーツてんこ盛りで、パーツ数はとても多いのですが、不要なものもかなりあると思います。
デカールについては、ジーロ・ディ・イタリア用と耐久レース用の両方が内包されていました。
Imgp6736
Imgp6734
エッチング・パーツやクリア・パーツは、このキット専用のものが多いのですが、インストの画像を見ただけではどこに使うのか判らないものが多数あり、前途多難な予感です・・・因みに実車はエンジン・トラブルでリタイアしており、画像も見つからないので、キットのインストだけが頼りです。

全体的にはディテール満載の良いキットであり、マイ・ブームのジーロ・ディ・イタリア出場車であることから、すぐにでも作り始めたいところですが、数々のお手付きキットを片付けたり、2月の「オートモデラーの集い」に向けては、ダットサン・サニーB210を優先させなければなりませんので、暫くは仕舞っておこうと思います。

2017年12月 3日 (日)

Ford Escort MKⅡ 1976 RAC ②完成

製作中のフォード・エスコートの内、1976年RACラリー優勝車がようやく完成しました。最後に悩んでいたフロント・グリルは、縁取りのモールを洋白線で自作して仕上げました。
Imgp6502
Imgp6720
Imgp6724
この車の特徴として、内側のフォグ・ランプがグリルに埋め込まれているので、グリルを開口しました。縁取りのモールは、グリルのメタル・パーツがグダグダで塗り分けが出来なかったことから、0.5㎜の洋白線をグリルに合わせて曲げ、表面をヤスリで削ってエッチング風に仕上げました。
Imgp6726
最後にライトを埋め込んで、フォードのロゴ等を貼り付けましたが、全体的な仕上がりは粗く、この当たりのディテールはIXOのミニカーに適いませんね・・・
Imgp6727
Imgp6728
その他、ディテール・アップのポイントとして、サイド・ミラーに洋白板を貼ったり、テール・ライトを透明レジンに置き換えたりしています。
Imgp6729
このモデルもホビーフォーラムに向けて製作していたのですが、フロント・グリル等のディテールに悩んで手が止まってしまい、間に合いませんでした。
今後、同じモデルを作る際には、グリルのディテールについて作り易くて見栄えがするように検討したいと思います。

完成画像は、後ほど本家サイトにアップしておきます。

2017年11月29日 (水)

物欲報告⑨

WRCチャンピオン5連覇中であるセバスチャン・オジェのMスポーツ残留が発表されました!チームの来シーズン参戦の可否が左右されるオジェの去就が、最も良い結果となって本当に良かったです。これで、来シーズンも4メイクスのタイトル争いが楽しみですね!
Mスポーツは、3人目のドライバーとして、今年のフィンランドで快走をみせたスニネンが候補に挙がっているようで、このような若手の活躍にも期待しています。何れにしても長年WRCに貢献し、若手の発掘や育成に積極的なMスポーツの活躍が来シーズンも楽しみです。

模型製作の方は、平日は飲み会続きでなかなか進みませんが、瞬着やカッターの刃などの消耗品を買いに行った電気店の模型コーナーで、新製品のプラモデルを思わず購入してしまいました。
Imgp6723
ハセガワから発売されたBMW2002ターボです。この車については、デビューした時から大好きで、当時バンダイから発売された1/20のプラモデルを作った記憶があります。今はラリー車ばかり作っていてロードカーを作る余裕は無いのですが、ハセガワからBMW2002tiが発売後、ターボ・バージョンの発売予定もアナウンスされていたので、とても気になっていました。
1975montecarlo821
1975tour_de_france1234
製作するのはかなり先(!)になると思いますが、2002ターボは当時、画像のようにラリーにも出場していましたので、こんなバージョンで作れたらなあ・・・などと妄想しております。

このように、昔憧れていた車が現代のレベルでキット化されると、オジサン世代は思わず買ってしまいますね。

2017年11月26日 (日)

Ford Escort MKⅡ 1976 RAC ①

ホビーフォーラムの余韻の’英国車’がまだ片付きません。1974年RACラリー優勝車のエスコートMKⅠと同時にボディのクリア掛けまで進めていた1976年RACラリー優勝車を完成に向けて弄っています。
Imgp5862
Imgp6419
ベース・キットは、トロンの1979年アクロポリス・ラリー優勝車ですが、グランプリ・モデルズの通販で購入したDMCの別売デカールで1976年RACラリー優勝車に変更しています。
Imgp6492
Imgp6493
Imgp6509
ボディはクリア掛けまで大きなトラブルも無く進み、内貼り式のウインドウを取付けました。経年によりボディが少し縮んでいるようで、ウインドウが上手く合わない箇所がありましたが、あちこちを削って何とか納めました。
Imgp6501
Imgp6499
内装については、ロール・ケージのAピラー側を真鍮線で追加しています。なお、シートのヘッド・レストは、その下にシート・ベルトを通すため、一旦切り離して真鍮線を埋め込んでシートとの隙間を作ってあります。
Imgp6496
Imgp6517
また、この仕様は右ハンドルのため、ダッシュ・ボードの左ハンドル用メーター部分を削り取り、プラバンで右ハンドル用に変更しました。ちょっと見難いのですが、メーター部分にはZモデルのパーツ&デカールを奢っています。
Imgp6522
Imgp6721
内装が仕上がったので、ボディと合体させました。このキットは、リア・タイヤのシャフトをシャーシの溝にはめるタイプで、位置や車高の上下が容易な構造であることから、タイヤのセンター合わせや車高の調整はすんなりと決まりました。
残る作業はフロント・グリルやバック・ミラー等の細かいパーツの取付けのみですが、キットのグリルがあまりにもショボいので、改善策を思案中です。このまま放置プレイにならないよう、手を動かしたいと思います。



2017年11月23日 (木)

Ford Escort MKⅡ Zakspeed 1975 Sanremo ⑧完成

ブログへのアップが滞ったまま、何とか仕上げてホビーフォーラムに持ち込んだザクスピード・エスコートをようやく完成させました。
Imgp6460
Imgp6530
フロント・グリルは、レジ・モデルのトランス・キットに入っていたエッチング・パーツを使いました。この仕様は、グリルの縁やライト廻り、エンブレム等がメッキ仕上げのため、エッチング・パーツの素地を表しにしました。
Imgp6462
Imgp6465
リアのコンビネーション・ランプは、ベース・キットのクリア・パーツをエナメル塗料で塗装後、クリアを掛けて裏側にミラーフィニッシュを貼りました。
Imgp6529
ホビーフォーラムには、前後バンパーやキャッチ・ピン、バック・ミラー等を取付けて、何とか形にして展示しましたが、時間切れで間に合わなかったフォグ・ランプをようやく取付けました。
Imgp6680
Imgp6702
フォグ・ランプは、BELKITSのエスコートMKⅠの余りを流用しました。ランプの裏側にプライマー&グレーを吹付け、取付け用のダボとして0.5㎜洋白線を埋め込みました。バンパーへの取付けは、レジ・モデルのエッチング・パーツを使用しています。
Imgp6703
Imgp6704
BELKITSのフォグ・ランプは大小2種類あり、最初は上下共大型のランプを付けたのですが、ヘッド・ライトとのバランスが悪かったので、上のランプは小型に変更しました。
75sanremo31
並行作業のキットが多くて、思いのほか時間が掛かってしまいましたが、ようやく完成しました。活躍の割に地味な印象のエスコートMKⅡですが、派手なブリスター・フェンダーの付いたこのモデルは気になる存在だったので、1/24スケールでもコレクションに加えられて良かったです。
完成画像を本家サイトにもアップしましたので、覗いてみてください。
http://group4rally.car.coocan.jp/page365.html

 







2017年11月19日 (日)

2017 WRC 総括

今年のWRC最終戦、オーストラリアはヒュンダイのティエリー・ヌービルが優勝しました。一方、最終パワーステージまで20秒差あまりで食らいついていたトヨタのラトバラですが、全開で攻めた結果、コース・オフしリタイアに終わりましたが、良くも悪くもラトバラらしい締め括りでしたね。
今年のWRCは全13戦で優勝ドライバーが7名を数えるという稀に見る接戦でした。ドライバーズ・タイトルは、シーズン2勝のオジェが獲得し、最多の4勝を挙げたヌービルが2位に終わるという、これも珍しい結果でしたが、決して完璧ではないチーム体制とマシーンで、毎戦リタイアせずに確実にポイントを重ねたオジェの我慢と努力の結果と言えるでしょう。フォルクスワーゲン時代の圧倒的な強さも魅力的でしたが、オジェの真の強さを証明した1年でしたね。M・スポーツのメイクス&ドライバーのダブル・タイトルを決めたGBのゴール・シーンは私も感動してしまいました。

WRC全体では、トヨタの復活と予想以上の活躍で、選手権が非常に盛り上がりました。特に今シーズンはレギュレーションの変更に伴い、マシーンの大幅なパワー・アップが見込まれていたことから、新参チームではトップ・チームのスピードについていけないのでは?と思っていたのですが、さすがトヨタ、そしてマキネンのチームですね。特にシーズン後半、ヤリスWRCは空力的に他のチームよりも優れており、グラベル、ターマックを問わず、ステージでトップ・タイムを出せるマシーンに進化していました。来シーズンは、ドライバー・ラインナップも変わることから、メイクス・タイトルの獲得を期待したいところです。また、トヨタ復帰に伴い、WRCジャパン復活の声も聞こえているようで、先日の全日本新城ラリーでは、豊田社長からそういった噂を周りから流して欲しいとの発言もあったそうです。是非、実現して欲しいですね!もし新城ラリーの発展形だとターマック・ラリーになるのかな?
Img_0895
一方で、シトロエンは微妙でしたね。シーズン開幕前の下馬評は一番高かったのですが、ドライバー・ラインナップが脆弱で、特にマシーンの開発やセット・アップが思うようにいかず、結果もミークが辛くも2勝を挙げたのみに止まりました。来シーズンもドライバーの陣容は変わらないようですが、ローブにでも登場してもらわないと結果が出ず、話題にも上らないような気がしてなりません。シトロエン乗りとしては、本当に何とかして欲しいところです・・・

今シーズン、ダブル・タイトルを獲得したM・スポーツですが、何より気掛かりなのはオジェの去就です。オーストラリアのゴール後も発表されていませんが、他のチームのドライバー陣容がほぼ固まってしまったので、M・スポーツでの続投か引退?しか無いようですが、オジェがもし引退となるとフォードからの支援が無いM・スポーツの参戦自体が怪しくなってしまいますね・・・そんなことにはならないよう祈ります・・・

最後に今シーズンのタイトル獲得を逃したヒュンダイですが、マシーンのポテンシャルとヌービルの速さからすれば、やはり来シーズンのチャンピオン最有力候補だと思います。ただ、今回のオーストラリアでのミケルセンもそうでしたが、トップ快走中のドライビング・ミスによるリタイアが非常に多いのが気になりますね。原因がドライバーにあるのか、ミスをしやすいマシーンにあるのか判りませんが・・・もっとも、ヒュンダイで一番の心配事は、親会社の動向でしょうね。

昨年の今頃は、フォルクスワーゲンが突然WRC撤退を発表し、今シーズンのWRCはどうなることかと思いましたが、各チームの接戦により非常にスリリングで楽しい1年となりました。WRCを見始めてから40年近くになりますが、記憶に残る1年だったと思います。
私自身、来年は勤続30年の報奨金と休暇がもらえるようなので、来シーズンは久しぶりのWRC観戦に行けたらなあなどと考えております。

模型の方ですが、完成した1974年RACラリー優勝車とレストアを施した1977年RAC優勝車を本家サイトにアップ&更新しました。また、ラリー毎に整理したギャラリーにRACラリーを追加しました。お暇な時にでも下記ページを覗いてみて下さい。
http://group4rally.car.coocan.jp/page332.html
http://group4rally.car.coocan.jp/page084.html
http://group4rally.car.coocan.jp/page370.html







2017年11月18日 (土)

レストア②

今週末も出張と業務のイベントで、模型を弄る時間が取れません・・・
そんな中、今年のWRC最終戦ラリー・オーストラリアが始まりました。前戦GBでメイクス&ドライバーズ・タイトルが決まったWRCですが、今年の集大成と来シーズンに向けた大事な1戦として、各チームが臨んでいます。
 2日目を終えて、ヒュンダイのヌービルが首位に立ち、トヨタのラトバラとフォードのタナックが追う展開となっていますが、来シーズンはチーム・メイトとなる2人が、ヌービルをどこまで追いつめられるのか、最終日が楽しみです。
 一方で去就が注目されるチャンピオンのセバスチャン・オジェもプレッシャーから解放されて気合いが入っていましたが、出走順のハンディにより苦戦を強いられています。どこまで挽回出来るかこちらも楽しみですが、まさか引退戦ということはないですよね???

ところでお手付きキットの整理ですが、ホビー・フォーラムに向けて旧作をレストアしていた1977年RACラリー優勝車を仕上げました。
Imgp6526
Imgp6525
懸案のホイール&タイヤを交換し、あわせてフロントおよびリアのトレッドも少し広げました。かなりバランスが良くなったと思います。
Imgp6528
プラ製パーツのシート・ベルト金具もエッチングに交換し、シート・ベルト本体も定番のリボンに変更しました。
Imgp6209
Imgp6192
ルーム・ミラーやバック・ミラーに洋白板を磨いて貼り込み、ワイパーもキットのアームにエッチングのブレードを取付けてディテール・アップを施しました。
77rac51_2
77rac51
レストア前と後の画像を並べてみました。画像ではあまり代わり映えしませんが、足回りの雰囲気はかなり改善されたと思います。

このモデルの本家サイトについても、近日中に更新しておきます。





«Ford Escort MKⅠ 1974 RAC ⑤完成